2007年04月23日

党首討論が苦手な小沢一郎代表

選挙を理由に、小沢代表は党首討論を避けていた。

もともと演説や討論が下手なのである。
演説は、原稿を棒読みし、言葉使いもうまくない。

しかし、野党第一党の代表であり、党首討論から逃げているとの印象はよくない。

これに関して、先週は共産党や社民党からも批判がでた。

以下、関連記事を掲載する。


●読売新聞 4月20日朝刊

◆共産と社民「小沢代表は党首討論を」
 共産党の志位委員長は19日の記者会見で、安倍首相と民主党の小沢代表の党首討論が今国会で開かれていないことについて、「もっと活発にやるべきだ」と述べ、民主党に早期開催を求めた。
 社民党の又市幹事長も記者会見で「小沢氏が(党首討論を)提唱したのに、やらないのでは与党に『逃げている』という口実を与える」と語った。


●毎日新聞 4月20日朝刊

 「放棄」「逃げ」共産、社民も批判   小沢氏まだ党首討論せず
 民主党の小沢一郎代表が参院選対策を優先し今国会で党首討論が一回も行われていないことに対する批判が与党だけでなく、ほかの野党にも19日拡大した。
 
 共産党の志位和夫委員長は同日の会見で「政府・与党の立場を問いただす機能を野党側から放棄するのはいかがなものか」と批判。社民党の又市征治幹事長も会見で「与党に逃げていると言われるだけだ」と述べた。

 これを受け民主党の菅直人代表代行は会見で「党内でもそういう話は出ている。鳩山由紀夫幹事長から代表に(党首討論開催を)要請している」と釈明に追われた。


●産経新聞 4月20日朝刊

 又市幹事長は19日の会見で今国会で党首討論が一度も行われていないことに言及し、「党首討論の提唱者は小沢氏だ。(討論に)応じなければ、逆に与党に(批判の)口実を与える」と批判した。


shige_tamura at 13:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!小沢一郎 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント