2007年04月19日

鳩山由紀夫幹事長の問題発言

「風説の流布」で有名な民主党・鳩山幹事長が、またもや問題発言をした。
それは、今朝の(4月19日)の毎日新聞に載っていた。
以下、全文を掲載する。

 
鳩山氏発言に中川昭氏抗議   「事実誤認だ」


 長崎市長銃撃事件に関連して、民主党の鳩山由紀夫幹事長が「自民党の政調会長が『銃をもっと自由に売買できるような国にしたい』というような発言をしていた」と語ったことに対し、自民党の中川昭一政調会長は18日、取り消しと訂正を求める抗議文を鳩山氏の事務所に送った。

 鳩山氏の発言は17日夜に記者団に事件へのコメントを求められた際のもの。

「銃を普通に持つような国にしてはならない」と中川氏を批判した。

 中川氏は抗議文で「私は武器売買を自由にしてよいなどと発言したことは一度もなく、鳩山氏の発言はまったくの事実誤認。亡くなられた市長、ご遺族、長崎市民の心を大変傷つけ、見識を疑う軽率な発言だ」

と強調した。【田中成之】


shige_tamura at 14:36│Comments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント