2007年02月28日

君が代伴奏命令合憲判決、やっぱり朝日新聞はおかしい

新聞1新聞2












新聞3新聞4











読売、毎日、産経新聞と今日はトップが「君が代伴奏命令合憲」との記事だったが、朝日だけが、なんと「3.1運動の鎮圧 詳述」という記事だ。これは、日本統治下の朝鮮で1919年に起こった3.1独立運動の際に朝鮮司令官だった宇都宮太郎大将の日記などが見つかり、独立運動の鎮圧の実態がわかったという内容のものだ。

自虐体質の朝日新聞を証明する格好となった。

「君が代伴奏命令合憲」については、社説は、朝日は「国家伴奏判決 強制の追認にならないか」と批判している。
これが、「君が代伴奏命令違憲」だったら間違いなくトップだったろう。


読売は「君が代判決 『思想・良心』の侵害はなかった」
毎日は「君が代判決「お墨付き」にしてはいけない」
産経は「君が代伴奏拒否 最高裁判決は当たり前だ」

なお、君が代伴奏命令合憲に関しては、読売新聞(2月28日)の社説を掲載する。



[「君が代」判決]「『思想・良心』の侵害はなかった」


 君が代のピアノ伴奏を拒んだ教師に対する校長の職務命令に権利侵害はなく、合憲――。最高裁は、そう判断した。
 一連の国旗・国歌訴訟の中で最高裁判決は初めてだ。教育現場の国旗・国歌指導をめぐる混乱に一定の歯止めがかかることが期待される。
 東京・日野市立小学校の音楽教師だった女性が8年前、入学式で君が代のピアノ伴奏を拒み、都教育委員会から懲戒処分(戒告)を受けた。
 「日本のアジア侵略と結びついた君が代は、斉唱も伴奏もできない」。そんな思想・良心の自由が校長の憲法違反の職務命令で侵害された、だから処分を取り消せ、と女性は訴えていた。
 1、2審とも請求は退けられた。
 公務員たる教師には全力で職務遂行に専念する法律上の義務があり、思想・良心の自由も制約を受ける。女性への職務命令は合理的範囲内のもので懲戒処分も適法だ。そんな内容の判決だった。
 最高裁は、まず女性の言う思想・良心の実態を検討し、「君が代についての女性自身の歴史観、世界観、社会生活上の信念だ」と位置づけた。
 その上で伴奏を命じた職務命令について、「女性の歴史観や世界観を否定するものではない」「特定思想を強制したり禁じたり、思想の有無の告白を強制したりするものでもない」とした。
 教師には、公務員として上司の職務命令に従う義務があること、学習指導要領などの法規で国旗・国歌の指導が定められていることなどを考え合わせ、職務命令を合憲とした。妥当な判決だろう。
 国歌斉唱時に起立しない、歌わないなどして処分された教師らが起こした他の訴訟への影響は必至だ。東京で10件など全国で十数件の同種訴訟があり、延べ千人近くの教師らが原告になっている。
 昨年9月、東京地裁で特異な判決が出た。都立高校の入学式などでの国歌斉唱を義務づけた都教育長の通達と校長の職務命令が、教師の思想・良心の自由を侵害し、違憲、違法だと判断した。
 最高裁判決に照らせば、ここでも、教師らの歴史観、世界観を否定し、特定思想を強制するために職務命令が発せられたとは認定されないのではないか。
 問題なのは、一部の教師集団が政治運動として反「国旗・国歌」思想を教育現場に持ち込んできたことだ。国旗・国歌法が制定され、教育関連法にも様々な指導規定が盛り込まれている現在、そうした法規を守るのは当然のことだ。
 卒業・入学式シーズンが近い。児童や生徒たちを厳粛で平穏な式典に臨ませるのも学校、教師の重要な役割である。


shige_tamura at 16:14│Comments(0)TrackBack(0)clip!ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント