2007年01月26日

木村貢宏池会元事務局長

 今朝、木村貢宏池会元事務局長から電話をいただきました。
「数日前から電話していたけれど、ブログで、僕の本を紹介してくれてありがとう」
というものでした。
 木村さんの本は、丸善本店で見付けて購入し、『総理の品格』(木村 貢著、徳間書店) を僕のブログで紹介したわけです


 なお、今朝の日本経済新聞(1月26日)に、木村貢宏池会元事務局長のインタビュー記事が載ってましたので掲載します。
 かつて、池田勇人、大平正芳、鈴木善幸、宮澤喜一といった総理を誕生させた、「名門派閥・宏池会」への思いが伝わります。



「宏池会元事務局長・木村氏 躊躇せず合流を」


 故池田勇人元首相の秘書で、宏池会の事務局長を長く務めた木村貢氏に聞いた。

―旧宮沢派系の古賀、谷垣、麻生三派が再結集する「大宏池会」構想は実現するか。

「一緒になった方がいい。一緒になって考えを練って方針を強くはっきり出していけばいい。今は躊躇(ちゅうちょ)しているというか『今の流れがこうだから』と最初から思っているのではないか」

―古賀派会長の古賀誠氏、丹羽雄哉総務会長ら有力者のうち大宏池会のトップは?

「自分としては古賀さんや丹羽さんと思うが、みなが集まる中で適当な人が出てくればいい」

―昨年の総裁選には谷垣禎一、麻生太郎両氏も出馬し、結局、清和会(町村派)から三代続けて首相が出た。

「人材は宏池会にもいる。古賀さん、丹羽さんだけでなく谷垣さん、麻生さんも首相の資質を持っている」

―池田元首相なら今の政治状況をみて何と言うと思うか。

「思い切ってやれ、躊躇せずに国のためとなると思うことはやれと言うのではないか。迷ったら国のためになっているか考えろと常々おっしゃっていた」


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント