2006年12月28日

謹賀新年

太陽
僕のブログをいつも見ていただき心から感謝いたします。

今年は、ブログを一新し、携帯で撮った写真を加えることで見て楽しいものにしました。

僕としては、今年は3冊の本(『政治と危機管理』『防衛法制の解説』『新憲法はこうなる』)を出版することができました。

『政治と危機管理』(内外出版)は、来年早々3刷となります。
この本の中にある、「インテリジェンス体制の変革への胎動」は、最近、政府の「情報機能強化検討会議」及び「カウンターインテリジェンス推進会議」の動向を予測する上で参考になります。興味のある方はご一読ください。
また、最近の新聞記者の僕への取材は、官邸の日本版NSC、情報機能強化問題などが多くなっています。来年早々、インテリジェンス関連で講演も頼まれています。

安倍内閣は、佐田行革相の辞任など逆風が吹いていますが、先の国会では、教育基本法と防衛庁の省移行のための法案が通過し、戦後日本の大きな転換期を予測させます。

今後は、いよいよ憲法改正です。
安倍首相は、現職の首相として憲法改正を明言し、自民党も新憲法草案を発表しました。

憲法改正がどうなるか、何が焦点かなどを知る上で、僕の『新憲法はこうなる』(講談社)が大いに参考になります。

来年は、地方統一選挙、参議院選挙などがあり、自民党VS民主党の戦いになります。
僕のブログも政治、安全保障、憲法などを中心にお伝えします。

皆様には良いお年をお迎えいただきますよう祈念申し上げます。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鹿野行道   2007年01月01日 15:18
あけましておめでとうござます。
今年は、いよいよ憲法改正に向けて前進しなければならない年だと思います。たむたむさんのご活躍を心強く思います。

憲法改正について、議論をしていただきたい課題があります。現行憲法第25条に定める「国民の生存権保障の規定」の「削除」を検討していただきたいということです。
現在、世界はグローバル化が進み、大競争時代に突入にしています。「国民」でも能力のない人・努力をしない人の生存権を安易に保障することは、果たして、日本の国益に合致するのか?
「国民」であれば、すべて生存権が保障されるなんて、モラルの低下につながるのではないか?もっと「能力と努力」による競争を徹底すべきです。

 また、突飛かもしれませんが、選挙権を一定の納税額以上の人間に制限することも、検討すべきだと思います。選挙権を失う人は、「悔しい」と思います。でも、その「悔しさ」が「努力」につながるのです。
2. Posted by 鹿野行道   2007年01月11日 21:49
あけましておめでとうござます。
現在、自民党と民主党を中心に憲法改正について議論がされていますね。たむたむさんのご活躍を心強く思います。

憲法改正について、議論をしていただきたい課題があります。現行憲法第25条に定める「国民の生存権保障の規定」の「削除」を検討していただきたいということです。
現在、世界はグローバル化が進み、大競争時代に突入にしています。
「国民の生存権保障規定」を削除してもっと「能力と努力」による競争を徹底すべきです。能力のないもの、努力をしないものが淘汰されれば、「国益」につながります。

また、突飛かもしれませんが、選挙権を一定の納税額以上の人間に制限することも、検討すべきだと思います。選挙権を失う人は、「悔しい」と思います。でも、その「悔しさ」が「努力」につながるのです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント