2006年11月30日

防衛省法案が衆院通過

船
防衛庁を省にするための法案が、衆院を通過しました。

これは、小泉純一郎首相の時の政権公約(マニフェスト)2003
「小泉改革宣言」の中に、
「防衛力の整備・強化を図り、「防衛省」を実現し、国民の安全確保に万全な体制で臨む。」が入り、それがきっかけで大きく前進することになった。

僕がコミットしただけに、ようやく実現の運びとなると思うと「ジン」とくる。

 まもなく、参院で通過・成立すれば、ようやく政権公約が実現できることになる。



防衛省法案が衆院通過=国際貢献も本来任務−今国会成立へ

 防衛庁の省昇格関連法案は30日午後の衆院本会議で、与党と民主党などの賛成多数で可決、参院に送付された。今国会成立は確実で、来年1月に「防衛省」が発足する見通し。共産、社民両党は反対した。
 同法案は防衛庁を内閣府の外局から省に移行させるとともに、自衛隊の国際平和協力活動や周辺事態での後方支援活動、在外邦人輸送などを「付随的任務」から「本来任務」に格上げする内容。防衛庁設置法や自衛隊法など約70の法律を一括改正する。イラクでの航空自衛隊の復興支援活動や、インド洋での海上自衛隊の給油支援活動も本来任務となる。今年の通常国会に提出され、継続審議となっていた。 
(時事通信) - 11月30日15時1分更新

shige_tamura at 17:29│Comments(0)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント