2006年11月30日

日本教職員組合(日教組)が、全国から動員されて国会前で座り込み

日教組
日本教職員組合(日教組)が、全国から動員されて国会前で座り込みをしています。
これは、教育基本法案に反対するためです。
学校を休んでいいんでしょうか。

先生が、こんなことをしていたら日本の教育は良くなりません。


最近、産経新聞に「教基法改正阻止に3億円投入」「日教組 デモ参加 計1万5000人」という記事が掲載されていました。
 これを読めば日教組の実態が分かります。

以下、全文を掲載しました。


産経新聞 11月25日 朝刊

教基法改正阻止に3億円投入    日教組 デモ参加 計1万5000人

日本教職員組合(日教組)の反教育基本法改正運動への支出が約3億円に上ることが24日、分かった。教師が平日も国会前でのデモに参加していることに対し、自民党幹部からは「高い給料をもらいながら政治活動していいのか」(中川昭一政調会長)と批判が出ているが、日教組は「授業代行を他の教師に頼み、年休を取って活動している」(組織局)と組合費支出や運動の正当性を強調している。
 関係者によると今年4〜10月、教育基本法改正反対運動のため日教組が主催した国会前デモ行進や都内での集会などは7回行われ、組合員延べ約1万5000人が動員された。ほとんどが現役の教職員で、交通費や宿泊費、食費は日教組が負担した。
さらに、25日には東京都千代田区の日比谷公会堂で3000人規模、12月8日には1万人規模の反対集会を予定。ビラ作成や新聞への意見広告掲載費も組合費から支出しており、反対運動への支出は約3億円に達する見込みだ。
 日教組は10月26日、同法改正に反対し31年ぶりに「非常事態」を宣言しており、「近年にない取り組み」(連合関係者)という。



shige_tamura at 11:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント