2006年11月27日

自民党の復党問題

現在、自民党は復党問題で揺れている。

この当事者である中川秀直幹事長のブログのアクセスが1日に1万を越えたという話を秘書から聞いて、早速、中川秀直幹事長のブログを見た。

これを読みと中川秀直幹事長の苦悩が理解できる。
中川氏のブログでは、以下のように結んでいる。


昨日も広島の講演で話したが、安倍首相の本音は、即、復党ではなく、先ず院内会派を作ってからの2段階復帰戦略なのである。それをおしての復党の希望であるなら、当然その理由と今後についての国民への説明責任は復党希望者が負うべきだ。

参院自民党は、復党問題は来年の参院選挙のためではないと明言している。
復党の大義は何か、復党希望者が国民に明確にしなければならない。
昨年の郵政民営化法案に賛成票を投じたことは説明になっていない。
その後の離党勧告処分による離党であったからだ。
昨年の信念対信念の戦いである9.11総選挙の総括と復党により自らの信念はどうなるのかをしっかりと国民に語って頂きたい。

自民党は信念を曲げない。
明日午前中に復党願いが出されれば、国民の理解を踏まえた、復党審査がいよいよスタートする。(11月26日記)



なお、僕は野党の時に橋本龍太郎政調会長の下で政調会長室長を務めた。その時は、自民党に見切りをつけて離党する議員があとをたたなかった。
あるとき、僕は、有力議員に「離党すべではない」と迫ったこともあった。
でも、その議員は後に離党した。
そして、今は自民党の大物議員となっている。
その時のことを思えば、「もどってきたい」という前自民党議員をどういう形で復党させるかということである。

しかし、最近の政治は、世論の動向を考慮して、政治を進める時代となった。
その見極めが難しいのである。

まもなく、結論は出る。


その結論が出た。


郵政「造反組」、平沼氏抜き11人復党へ(読売新聞) - 11月27日13時54分更新


 郵政民営化に反対して自民党を離党した「造反組」無所属衆院議員12人は27日午前、都内の平沼赳夫・元経済産業相の事務所で復党問題への対応を協議し、12人がそろって復党願を出すことを決めた。

 この後、森山裕衆院議員が石原伸晃幹事長代理と国会内で会い、12人分の復党願を手渡した。ただ、誓約書での郵政民営化の支持表明に難色を示していた平沼氏は、誓約書提出を見送った。

 これを受け、党執行部は27日中に党改革実行本部を開き、復党に向けた手続きに入るが、平沼氏は認められず、11人だけが復党する見通しだ。

 造反組議員の会合では、出席者が誓約書を出すよう説得したが、平沼氏は「自分の信念を貫きたい。申し訳ない」と述べたという。


shige_tamura at 11:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント