2006年10月27日

沖縄と本土の温度差

沖縄・宮古島の夕日
沖縄写真1沖縄写真2











今、北朝鮮の核実験をきっかけに国内では、「防衛は大丈夫か」ということからミサイル防衛の前倒しが行われている。
それにさきがけて、沖縄では米軍の嘉手納基地にPAC3が配備されるために、関連装備が搬入された。
これについて、26日の参院外交防衛委員会で、久間防衛庁長官は「ミサイル防衛はできるだけ前倒ししてやりたいという思いがある。そのため予算も2007年度で要求しているが、(PAC3配備は)07年の末になるだろう。しかし、私たちの気持ちとしては、できるだけ前倒しで、可能なものならばやらせたい」と述べ、
「幸い沖縄については米軍がPAC3を置いてくれた。沖縄の方までは今のわが国の予算の中で追いつかない点を先にやってくれた。むしろ沖縄の人は喜んでもらいたいと私は思っている」と述べた。
これは、日本人の感覚では当然のことだが、

それが、沖縄では、26日の『流球新報』(夕刊)によると

県幹部が批判「県内では誰も感謝していない」
「PAC3配備について沖縄県では誰も感謝する人はいない。むしろ問題があると言っている」「県民と本土では完全に意識のズレがある。これはなかなか収まりがつかないかもしれない。いずれにせよ政府には説明が足りない」と政府の姿勢を批判した。

宮城嘉手納町長は、「喜びの押し付けであって、そうですか、うれしいですね、とは言えない。その発言に賛同するわけにはいかない」「地域の声に相反するもので、そういう形ではなかなか(地元の)理解を得るのは難しい。長官には住民の感情を理解しながら発言してもらいたい」と批判した。

平和運動センターの崎山議長は「標的にされ、犠牲になるのではないかとの不安を持っている県民との意識が全く違う。お門違い。迎撃ミサイルを配備するということは、攻撃対象になるということ」「武器も何もないのが平和な状態だ」と述べた。

また、新聞は、久間防衛庁長官の「沖縄の人は喜んでもらいたい」との発言をクローズアップして、知事選挙の立候補予定者にも質問している。
 与党陣営の仲井真弘多さんは「発言を確認していないが、事実とすれば」と言葉を選んだ上で、「県民感情としては納得できない。『感謝せよ』と言われても、どういう意味か理解不能だ」と指摘。「もっと丁寧な説明がないといけない」と不満をにじませた。
 野党陣営の糸数慶子さんは「県民の不安を全く理解しておらず、許せない」と反発。「軍事基地をより強力な武器で守ろうというのは、軍拡競争の発想だ。強行配備は、県民の不安をあおるだけで、平和と基地の整備縮小に逆行する」と強く批判した。

というように、安全保障に関して、沖縄と本土ではこれだけの温度差があるのです。

だから、沖縄では、本土では考えられない「米軍反対、自衛隊も認めない」と主張する候補者が民主党と共産党などの野党推薦で出現するのです。

でも、これは日本全体にとって極めて不幸なことです。
北朝鮮のような国が隣にあって、無防備では、日本の安全は確保できないのですが。


shige_tamura at 13:15│Comments(0)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント