2011年08月

2011年08月31日

民主党、輿石幹事長にビックリ

錨写真は、8月27日、後楽園ホールでの錨吉人が4回TKOで勝利した試合です。

「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック


 野田新代表は、幹事長を輿石参院議員会長に決めた。輿石氏は、参院議員会長も兼務するとのことだ。

 マスコミは、党内融和を配慮した人事と持ち上げるが、そうだろうか。


 選挙プランナーの三浦 博史氏は、フェイスブックで、以下のように述べている。

【輿石幹事長人事にがっかり】

野田総理は幹事長人事で、民主党参議院会長の輿石東氏を内定しました。正直、期待はずれでした。そもそも幹事長ポストは(おそらく世界の議会制民主主義国家において)政党でのナンバー2のポストで次期、将来の代表候補、というのが”常識”でしょう。75歳で小沢氏の押さえ役という政治的意味も理解できなくはありませんが、あまりにも目線が党内的で、国民の期待から乖離していると思われます。まあ、これで野党はしてやったりでしょう。75歳の参議院議員を幹事長、という人事は、前途を危ぶまれる象徴的なスタートといえそうです。本当にがっかりしました。

――と述べている。
 

 これは小沢氏の影響力に屈した人事。

 民主党の本質が露呈した人事、それは輿石氏が「日教組のドン」であり、労組支配、日教組支配が露骨になった。


 野田政権は、「市民が主役の民主党」から「労組が主役の民主党」となった。

 これでは、公務員改革、公務員の給与カットなどは進まない。


 野田氏は演説がうまい。しかし、その実行力は?となる。


 前原政調会長になって、自民党のような事前審査を行うとのこと。

 なぜ、小沢氏は政調を廃止したか?
 それは、民主党議員の考え方がバラバラで、綱領も作れない。憲法・安保政策を議論するとまとまらない。とのことで、党内議論をするとバラバラ感が露呈するために、党内議論をなくすために政調を廃止したのだった。
 
 それが復活とのことで、党内議論が行われるのは良いことだが、意見集約がうまくできるかということだ。

 できれば結構、出来なければ最悪。

 政策決定が遅れることになる。

shige_tamura at 10:31|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!民主党 

2011年08月30日

海部俊樹元総理 さかなクン 語る 対談(下) 

錨写真は、8月27日、後楽園ホールでの錨吉人が4回TKOで勝利した試合です。

「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

海部俊樹元総理 さかなクン 『自由民主』より

食事は感謝を込めて「いただきます」

 前号で、幻の魚クニマス再発見の経緯や自然の循環作用について語り合った海部俊樹元総理と東京海洋大学客員准教授でお魚らいふ・コーディネーターのさかなクン。 今号では、困難を乗り越える日本人の力強さ、感謝の気持ちの大切さ、魚の多様性など両者の対話は多岐にわたった。

 中学のとき精神修養や心構え、感謝の大切さ学んだ(海部)


さかなクン) 東日本大震災の後、岩手県、青森県、そして宮城県と福島県に伺いました。被災地に入る前は、小さなお子さまが、さぞかし怖い思いをされ、「海が嫌いになってしまった子もいっぱいいるのかな」ってすごく心配していたんです。でも、多くのお子さまが「もう海は怖くないよ。また海を見に行きたい」と話してくれたので勇気をいただきました。

海部俊樹元総理) 日本民族は苦難を必ず乗り越えるんだよ。いかにつらくても苦しくても、体験として学び、再び繰り返さないように努力するという民族性がある。

 かつて、僕の選挙区が伊勢湾台風の被害に遭ったことがある。僕が初当選した前年の昭和34年。津波と違って台風だが、水でやられたという点で今回と同じだよ。

 あのときは5000人以上の人が亡くなった。そういう悲惨な思いをしてきたので、今度の件も人ごととは思えない。ふるさとが遭った災害を思い出す。政府はできる限りのことをして、早くみんなに幸せを渡してほしい。


さかなクン) 海部先生。お優しい。

海部) ところで、どうして今の仕事を始めるようになったの。

さかなクン) はい。どういうお仕事がいちばん自分には向いているかとずいぶん考えて、おすし屋さん、水族館、またスーパーのお魚屋さんのコーナーなど、お魚にまつわるいろんな仕事を学ばせていただいたのですが、大好きなお魚の絵を描いたり、自分流にお魚の魅力をお伝えできる仕事はなかなかないんですね。

 それで、そういう仕事をするには、どうすればいいのかなあと思っていたときに、伊藤はやと社長(さかなクンが所属する株式会社アナンの社長)と巡り合ったのです。そして、魚の絵を描いたり、テレビ撮影でお魚のリポートをさせていただく機会をいただき、どんどん世界が広がりました! そして、多くの方々に爐気なクン瓩魍个┐討い燭世幸せです。

 何かに興味を持ち、自分の大好きなことやものを見つけて、これだけは一生懸命に続けてみようと、ずっと調べ続けていこうと、そういうものを一つでも持つことが大事だと思います。だから、未来を担う、次世代を担う子供たちには、ぜひとも、自分たちがワクワクして、これはずっと続けたいというものを大事に持っていただきたいです。


海部) 僕の場合は、中学2年生のときに戦争に負けて、家も焼夷弾(しょういだん)で燃えてしまった。戦災者の一人なんです。だから、日本復興への思いは強かった。とにかく立候補してオレが政治家になってものを言わなきゃいかん、国を救わなきゃならんと思った。

さかなクン) カッコいいですねえ。

海部) そんな大それたことを考えていた。そして、僕の学んだ中学校は、仏教の学校だから精神修養や心構えを大事にしていた。やる気をなくすなということを強調していた。そういう教育を受けた。それも、僕の人生に影響したのだと思う。感謝の気持ちの大切さも学んだ。

さかなクン) 素晴らしいです!


 食べ物は命をいただくことだと気づいた(さかなクン)

海部) 朝晩、食事の前に両手を合わせて「いただきます」と言うでしょう。それは、今日一日生き延びていくために、力になるためにあなた方を食べて悪いけれどもいただきますということなんだな。

さかなクン) まさに感謝の気持ちですね。

海部) そう。手を合わせて。きっと、その気持ちをみんなが忘れないでがんばったら、日本は素晴らしい国になると思うよ。

さかなクン) はい! 海部先生!! お魚もおコメもお野菜も、お肉もおいしくいただき、栄養のバランスをとって、季節に応じていろんなものをいただけるということが、すごくうれしいですし、感謝の気持ちを持つことにつながると思います。

 食べ物をいただくというのは命をいただくことだと気づいたとき、「そういうことだったのか」と本当に感動いたしました。このことに気づかないと、「食べてあたりまえ、食べることができてあたりまえ」と思ってしまうのかもしれません。

海部) そうだね。

さかなクン) お肉の場合は、牛肉、鶏肉、豚肉と大きく分けられますが、お魚の場合は、赤身、白身はもちろん、マアジやマサバ、カツオやウナギ、マアナゴ、ヒラメ、マコガレイ、サケと、日本のお魚は、なんと4000種以上も知られています!

 世界中の約7分の1の種類のお魚が日本で記録されているんです! そして、日本では、春夏秋冬で季節に合ったおいしいお魚をいただくことができます。まさに日本の素晴らしさですね!

 でも、その約4000種のうち、日本各地で約300種ぐらいが食用になっていて、マアジやサケやマサバのようにふだんからいただいてるお魚というのは、そのうちさらに厳選されて約30種ぐらいなのだそうです。4000種もいる中でたった30種ほどのお魚しか食べていない。

 しかし、それ以外の、サメやエイの仲間やウツボなども、大きさや種類によって煮つけにしたりかば焼きにしていただくと、とてもおいしい。それなのに流通しないのはもったいないと思います。漁師さんは、「あ、このお魚は商品にならない、市場に出しても売れない、大きさも規格外」と、せっかくとれても流通、利用されないお魚が実に多いです。

 流通する魚種、規格サイズなどに限定せず、さまざまなお魚が食卓にのるようになれば、海外から多くのフードマイレージを使って輸入しなくても、日本だけで、もっとたくさんのお魚をおいしくいただけます。


 子供たちに自然の恵みを(海部)

 お魚の魅力伝えたい(さかなクン)


海部) 僕は子供のころ、小さいモロコやハヤの佃煮を「頭ごと食べなさい」と言われた。

さかなクン) 素晴らしいです! 丸ごといただけるなんてカルシウムも非常に豊富ですね。ちっちゃなお魚は、まるごといただくことが必要ですね。

 今は、骨がつっかかったら嫌だ、お魚を頭から食べるなんて嫌だというお子さまが増えてきています。お刺し身、煮つけ、照り焼きなど、原形がどんなお魚だったかわからない切り身でいただくことが多くなりました。


海部) そのへんの発想を転換するためにいちばん大切なのは、学校の給食の時間にみんなで小魚を丸ごと頭から食べるようにしたり、宣伝したりすることだと思う。子供たちが、自然の恵みをいただいて大きくなっていくといいな。

さかなクン) 先日、農林水産省から、お魚の魅力をお伝えするお魚大使に任命されました。ぜひとも海部先生とギョ一緒にお魚の魅力をお伝えする舞台に立たせていただきたいです。

海部) そうしましょう。がんばってね。

shige_tamura at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

2011年08月29日

民主党新代表に野田氏

錨写真は、8月27日、後楽園ホールでの錨吉人が4回TKOで勝利した試合です。

「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 今回の民主党代表選挙は、小沢・鳩山両氏から支持を得た海江田氏リードで展開した。

 海江田氏が過半数の確保が難しいとのことで、誰が2位になるかが焦点となった。


 今日の5候補の演説では、前原氏が原稿に目をやりながらの演説で一番悪かった。一番良かったのは野田候補だった。落選中のエピソードを交えたものだった。


 第1回目の投票結果、1位=海江田氏(143票)、2位=野田氏(102)となった。
 前原氏(74)、馬淵氏(24)、鹿野氏(52)。


 結果は、演説の善し悪しも左右した。野田氏は最後に「解散・総選挙はしない」といったのも効果的だった。


 僕は、第2回目の予測を、ツイッターで、2・3位連合(野田・前原)で176票となり、海江田氏の143票を超える。

 新代表は野田氏の可能―とつぶやいた。


 その後、鹿野陣営は、2回目の投票を一致して野田氏へとなるとの情報。
 馬淵陣営は、2回目は海江田氏以外に投票。
 前原陣営は、海江田氏以外の流れとなっている。


 その結果は、

 野田氏となった。小沢・鳩山に支持された海江田氏が敗北した。


 野田氏(215票)、海江田氏(177票)


 これで、小沢・鳩山両氏の影響力は小さくなり、3党合意は守られ、政治が上手く機能することが望まれる。 

shige_tamura at 14:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!民主党 

2011年08月26日

今日、菅首相退陣へ

国会「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 本日、特例公債法案と再生エネルギー特別措置法案が成立し、菅首相は民主党両議院総会で正式に退陣を表明する。

 民主党代表選、前原氏が京セラ稲盛会長の仲立ちで小沢氏の支持を受けるか、と思っていたが、「小沢一郎氏、前原誠司氏不支持へ。」人事面で「脱小沢」の可能性が高いとの理由。――となった。

 が、まだどうなるか不明だ。
 「政界、一寸先は闇」


 では、特例公債法案等の成立の舞台裏を説明する。

 以下、『自由民主』より。



「バラマキ4K」見直しなどで3党合意
 特例公債法案ようやく成立へ


 わが党と民主、公明両党は8月9日、民主党マニフェスト(政権公約)の主要政策である高速道路無料化と高校無償化、農業戸別所得補償を見直すことで合意した。これによって、民主党政権のいわゆる「バラマキ4K」は、さきに3党間で合意した子ども手当の廃止を含めて、そろって具体的な廃止・見直しに向かうと同時に、今年度予算執行の裏付けとなる特例公債法案がようやく成立することとなった。


 わが党の考え方を反映

 9日に3党の幹事長が署名したのは特例公債法案を成立させるための「確認書」。
 この中で、高速道路無料化は来年度予算の概算要求に計上せず、高校無償化と農業戸別所得補償は政策効果の検証を基にして必要な見直しを検討することで合意した。

 また、東日本大震災の復旧・復興に関わる事項も確認。”興の財源とする復興債の償還の道筋について、今年度第3次補正予算の編成までに各党で検討する∈G度第1次補正予算(5月2日成立)の財源に転用した年金財源(2・5兆円)について、3次補正予算を編成する際に復興債で補塡(ほてん)し、そのための財源確保策を各党で検討することとした。

 これらの合意を踏まえて、特例公債法案を「速やかに成立させる」ことを確認した。

 3党間では今年4月末、復旧対策を盛り込んだ1次補正予算の成立を前に民主党政権のバラマキ政策を早急に見直し、特例公債法案を早期成立に向けることで合意していた。

 しかし、その後、民主党から見直しについての具体的な考え方が出されない一方、特例公債法案も成立の目途が立たない状況が続き、わが党などは、今年度予算の執行が困難になることを憂慮して、政府・与党の姿勢を再三問い質してきた。

 ここにきて、4日に、看板政策である子ども手当を今年度限りで廃止し、来年度から児童手当を復活・拡充することで3党合意したのに続いて、わが党は公明党とともに残り「3K」についての具体的な見直しを求め協議していた。その結果が、9日の確認書。

 高速道路無料化についてはすでに今年6月から社会実験を中止しており、事実上の事業化断念となる。

 また、高校無償化と農業戸別所得補償も現行の事業規模のまま来年度以降も続けることが難しくなった。今回の合意はこれらのことを民主党に約束させた格好だ。

 いずれも政策効果が乏しいために「撤回」するよう求めてきたわが党の考え方は、政策効果の検証を基に見直しを検討するという具体的な方向性を得たことに十分反映された。

 わが党は今後、さらに詳しく検証し、政策効果がなかったことを証明するとともに、削減を前提とした見直しの実現に向けていく。


 歳出の見直しに伴う減額措置
 特例公債法案の付則に明記

 この3党合意を受けて、特例公債法案が8月11日に衆院を通過した。24日にも参院で可決、成立する見通しだ。(注、30日となった)

 3党合意では、子ども手当の廃止などの歳出の見直しに伴う減額措置を3次補正予算で行うことを同法案の付則に明記することとした。これを踏まえ、わが党と民主、公明両党は、同法案を審議した衆院財務金融委員会での採決にあたって修正案を提出し、可決された。

 わが党が賛成したのは、今回の合意の中で主要政策の廃止・見直しだけでなく、歳出の見直しについて、今年度の歳出削減を前提に、3次補正予算と来年度予算の編成にあたって誠実に対処することも確認できたため。

 この結果、今年度予算の歳入の4割(約37兆円)を占める赤字国債の発行がようやく可能になる。



 確認書(全文)

 民主党、自由民主党及び公明党の三党は、以下の点について確認する。

一、歳出の見直しについては、以下のとおりとする。

•高速道路無料化については平成24年度予算概算要求において計上しないこととする。
•高校無償化及び農業戸別所得補償の平成24年度以降の制度のあり方については、政策効果の検証をもとに、必要な見直しを検討する。
 なお、これらを含めた歳出の見直しについて、平成23年度における歳出の削減を前提に、平成23年度第3次補正予算ならびに平成24年度予算の編成プロセスなどにあたり、誠実に対処することを確認する。

一、上記歳出の見直しと併せ、子ども手当等の見直しによる歳出の削減について、平成23年度補正予算において減額措置することを、特例公債を発行可能とするための法案の附則に明記する。

一、法人税減税等を含む平成23年度税制改正法案(その内容を一部切り出して6月22日に成立した法律にあるものを除く)については、復興のための第3次補正予算の検討と併せ、各党間で引き続き協議する。

一、東日本大震災復興基本法第8条に規定する復興債の償還財源の具体的内容や償還ルールなど、あらかじめ決めることとされているその償還の道筋については、第3次補正予算の編成までに、各党で検討を進める。

一、平成23年度第1次補正予算における財源措置として活用した年金臨時財源については、第3次補正予算の編成の際に、復興債で補てんすることとし、そのための財源確保策と併せて、各党で検討する。

一、以上を踏まえて、特例公債を発行可能とするための法案について速やかに成立させることとする。

以上、確認する。

shige_tamura at 10:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!菅直人 

2011年08月25日

マニフェスト破綻明らかに  民主党政権の正統性崩壊

国会「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 民主党マニフェストの破綻が明らかになった。

 すでに民主党幹部は「見通しが甘かった」と謝罪していたが、自民党と公明党との協議で「子ども手当」など「バラマキ4K」を廃止、見直しする合意文書に民主党として正式に署名した。
 谷垣禎一総裁は8月11日、東京・有楽町の街頭演説で、民主党政権の正統性が崩れた以上、できるだけ早い時期に解散・総選挙を行い、国民に信を問うよう求めた。


 谷垣総裁街頭で訴え

 2年前、民主党は16・8兆円の財源を捻出し、「子ども手当」、高速道路無料化、高校無償化、農家への戸別所得補償のいわゆる「バラマキ4K」を実施すると訴えて総選挙で勝利した。

 しかし、政権交代後、どんなに探しても、そんな財源は確保できなかった。すでに実質的な破綻状態にあったといえる。

 自民党は8月4日、民主、公明両党と「子ども手当」について、また8月9日には、高速道路無料化、高校無償化、農業戸別所得補償について廃止、見直しをすることで合意した。この結果、「子ども手当」は来年度から廃止し、元の児童手当制度に戻る。また、高速道路無料化は来年度予算の概算要求で計上しないことや、他の政策についても、削減を前提に見直すことが決まった。

 これはマニフェストの破綻を民主党自身が認めたことを意味する。

 これを受け、赤字国債を発行する以上、“バラマキ”はやめるべきと訴えてきた自民党は、特例公債法案に賛成することとした。


 先送り、無責任体質

 民主党は心地よいことは強調するものの、必要な財源の確保など耳障りなことは先送りする。また、他に責任を押し付け、自ら責任を取ろうとしない。政権党としての責任感を著しく欠いているといわざるを得ない。

 この体質は東日本大震災への対応にも如実に表れている。発生から5カ月が経過したにもかかわらず、今もなお、多くの人が避難生活を余儀なくされ、津波で被害を受けた土地の復興方針も決まらず、がれきの処理も遅々として進んでいないのはこのためだ。

 これが改まらない限り、誰が民主党のリーダーになっても問題は解決しない。


 「信を問う」のが民主主義のルール

 「国民との契約」として、政権交代のために掲げたマニフェストが完全に破綻したことが明らかになり、国民との約束が果たせなかった以上、民主党政権の正統性は根底から崩れた。改めて国民の信を問うのは民主主義のルールだ。自民党が解散・総選挙を求める理由もここにある。

 しかし、2年前、自民党にも大きな問題があったことを忘れてはならない。だからこそ、谷垣総裁就任以来、党の基本である綱領を新たに制定し、全国各地で「ふるさと対話」集会などを重ね、地域から政策を練り上げる政党へと改革を進めてきた。その努力は今後も続けていく必要がある。

 自民党は谷垣総裁を先頭に、国民とともに日本を再生、再興するために、これからも全力をあげる考えだ。



 谷垣総裁演説 要旨

 早期に解散・総選挙を


 菅総理は次の民主党代表が決まったら総理を辞めると、ようやく明言した。
 わが党は菅総理では被災地の復興や日本の再建ができないと思い不信任案を出したが、菅総理の言葉に騙された人がいたため、居座られることになった。

 その結果、日米首脳会談が延期になった。米国が普天間基地の問題は菅総理の下では進まず、会談をしても無駄だと判断したからだ。震災からの復旧・復興も待ったなしだが、これには大きな財源が必要だ。しかし、菅総理が号令をかけても、民主党内がまとまらないから、復興のための予算が編成できない。

 民主党はマニフェストで「子ども手当」などの財源は無駄を省けばいくらでも出てくると言っていた。しかし、それができずに赤字国債で賄おうとしたので、自民党はバラマキ政策を温存したままでは「特例公債法案には賛成できない」とマニフェストの見直し、撤回を求めてきた。

 「自民党ならどうするのかを語れ」と言われる。

 わが党が震災関連で577項目にわたる提言をしても、政府は聞く耳を持たず、進まない。原因の一つは政府が公務員をうまく使いこなせていないからだ。わが党がもう一度政権を取ったら、公務員の士気を高めることから始める。がれき処理や二重債務の問題など、議員立法を提出して政府を動かしていく。

 わが党は「頑張れる人には頑張っていただく」ということを基本に政策を組み立てていく。

 2年前の総選挙で「国民との契約」としていたマニフェストの主要部分で、白旗を上げた以上、解散して信を問うのが筋だ。震災の復旧・復興の状況を見つつ、できるだけ早い機会に解散すべきだ。
(『自由民主』より)

shige_tamura at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

2011年08月24日

京セラ稲盛会長が結びつける前原・小沢両氏

国会「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 民主党代表選、キーマンは数を誇る小沢一郎氏だ。

 前原誠司氏が出馬となり、僕はツイッターで昨日から今日、以下のつぶやきをした。


京セラの稲盛会長が、前原誠司氏と小沢一郎氏を結びつけるとの話も。その際は、幹事長ポストは小沢系に。


前原誠司氏と小沢一郎氏の間を取り持つ京セラ稲盛会長。キーワードは、「挙党一致」と「小沢史観」からの脱却。


23日夜、日本航空の稲盛会長が、前原氏と小沢元代表の橋渡し役として、両者と相次いで会談したほか、夜には、前原氏の後見人である仙谷官房副長官が、小沢元代表と極秘に会談した。仙谷官房副長官は、小沢氏に前原氏への支援を要請したとみられる。(フジテレビ)


 この動きが本格化してきた。産経新聞、フジテレビが解説しているので掲載する。

 

 対決か妥協か小沢氏苦悩…昨日の敵は今日の友?

(産経新聞 8月24日(水)7時56分配信)


 前原誠司前外相が民主党代表選への出馬を表明したことを受け、焦点は100人以上の最大勢力を抱える小沢一郎元代表の動向に移った。候補者たちが我先に「小沢詣で」をする中、前原氏は小沢氏の党員資格停止処分を見直すべきではないと明言した。小沢氏は前原氏と対決し、別の候補を推すのか。それとも妥協し前原氏という「勝ち馬」に乗るのか。菅政権下で「党内野党」に甘んじてきただけに、今回主流派に返り咲くことができなければ求心力低下は避けられない。小沢氏も決断を迫られている。(坂井広志)

 ◆会談の用意

 23日夕、小沢氏は京セラの東京八重洲事業所を訪れ、京セラ創業者で日本航空会長の稲盛和夫氏と会談した。この日午前、前原氏も同じ場所に稲盛氏を訪ねていた。稲盛氏は前原氏の有力後援者であるとともに小沢氏とも親交が深い。

 稲盛氏は出馬報告をする前原氏を激励したが、その心中は複雑だったようだ。

 「それは…。本人が出たいというなら頑張れというしかないじゃないですか」

 会談後、記者団に「前原氏は首相にふさわしいか」と質問された稲盛氏はこう語った。前原氏の出馬で代表選が「親小沢」VS「反小沢」の戦いになり、党内分裂を引き起こしかねない。

 稲盛氏が両者の間を取り持とうとしているのではないか−。党内にはこんな見方が駆け巡った。小沢グループ内にも「昨日の敵は今日の友だ」(幹部)として前原氏支持でもやむを得ないとの声はある。

 「前原さんと会ってくれませんか」

 23日昼、小沢グループの中核組織「一新会」の会合で、出席者の一人が小沢氏に水を向けた。

 「いつでも会うと伝えてあるんだけど、向こうから返事がないんだよな」

 小沢氏は会談する用意があると明言した。前原氏も23日夕、記者団に「代表経験者など主だった方には挨拶に行く」と語った。会談が実現すれば、代表選の行方を決定付けるのは間違いない。

 ◆細野氏が支持

 いまのところ小沢系議員の多くは小沢氏の指示待ちだが、一部が海江田万里経済産業相と鹿野道彦農水相の両陣営に割れている。海江田陣営が「ボロボロになっても戦う」と言えば、鹿野陣営は「俺は真剣だ」と互いに一歩も譲らない。

 小沢氏は現段階ではこうした動きを黙認しており、決選投票で2、3位連合を組み、前原氏と戦う戦略を描いている可能性はある。

 だが、世論調査で高い人気を誇る前原氏が1回目の投票で過半数を獲得するかもしれない。知名度が高く、前原氏にも小沢氏にも近い細野豪志原発事故担当相は23日深夜、「私は前原氏を支持する」と述べた。

 小沢氏は一新会の会合で「国難に命がけで国政に当たる心意気を持った人が望ましい。前原先生も出馬するというができる限り衆知を集め、よいリーダーを選びたい」と述べるにとどまり、意中の候補は口にしなかった。本音はどこにあるのか。会合では意味深長な言葉も漏らした。

 「今、名前の出ていない人も考えられるな…」




 民主党代表選 仙谷官房副長官が小沢元代表と極秘会談 前原氏への支援要請か

(フジテレビ系(FNN) 8月24日(水)6時47分配信)

 前原前外相が、ついに民主党代表選挙への出馬を正式に表明した。これを受けて、前原氏の後ろ盾、仙谷官房副長官が、代表選の鍵を握る小沢元代表と極秘に会談した。
 23日、前原氏は「挙党一致でみんなが協力してこの国難を乗り越えていく。その先頭に立たせていただきたい」と述べた。
 前原氏は出馬の正式表明のあと、今後、小沢元代表と直接面会することも含め、小沢対反小沢といった対決構図からの脱却を目指す考えを示した。
 前原氏は「小沢史観のようなものからは、脱却しなければいけないと思っています」と述べた。
 一方で、小沢氏の党員資格停止は継続すべきとの立場をあらためて強調した。

 23日夜は、日本航空の稲盛会長が、前原氏と小沢元代表の橋渡し役として、両者と相次いで会談したほか、夜には、前原氏の後見人である仙谷官房副長官が、小沢元代表と極秘に会談した。

 仙谷官房副長官は、小沢氏に前原氏への支援を要請したとみられる。
 最有力候補の出馬表明を受け、細野原発担当相が23日夜、前原氏支持を表明するなど、他陣営でも支持議員の構図に変動が起きるとみられる。

shige_tamura at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

2011年08月23日

民主党の問題はその体質にあり。

国会「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 民主党の代表選がマスコミで大々的に報道されている。

 しかし民主党の問題は、その体質にある。

 それは、菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)の派生団体に巨額献金していた問題である。それがどういうことなのか?

 この件で産経新聞が以下の記事を掲載していた。
 

 市民の党 民主議員秘書に6人 選挙で恩、給与再分配か

(産経新聞 8月23日(火)7時57分配信)

 菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)の派生団体に巨額献金していた問題で、市民の党が選挙協力の見返りとして、民主党国会議員のもとに複数の秘書を送り込んでいたことが22日、産経新聞の調べで分かった。

 民主議員による市民の党メンバーの秘書採用は、確認できただけで4議員の公設秘書5人、私設秘書1人の計6人に上る。市民運動のプロ集団とされる市民の党が選挙で恩を売る形で、民主党の若手層に影響力を広げている実態が改めて浮かび上がった。

 市民の党関係者によると、議員秘書や地方議員となって固定収入を得るようになったメンバーは、受け取った給与や報酬を個人献金などの形でいったん市民の党に納付。その後、市民の党の人件費として、各メンバーに給与を再配分していたという。秘書採用が市民の党への実質的な資金援助になっていた可能性がある。

 公設・私設の2人を採用している宮崎岳志衆院議員(群馬1区)らが産経新聞の取材に「そう(選挙謝礼と)思われても仕方ない」などと認めた。

 宮崎氏や公的文書などによると、公設第1秘書は宮崎氏が初当選した平成21年8月の衆院選直後、私設秘書は今年6月ごろに採用された。2人は市民の党の幹部とされ、私設秘書は菅首相が巨額献金した派生団体「政権交代をめざす市民の会」(奈良握代表)の会計責任者を務め、公設秘書は21年に市民の党に107万円を個人献金している。

 民主党関係者によると、宮崎氏の選挙では、私設秘書に採用された男性や奈良代表らが「裏選対」として選挙を仕切り、旧社会党幹部の支援を取り付けるなどして、初当選させていた。

 また、鷲尾英一郎衆院議員(新潟2区)が21年2月までの4年間、酒井代表自身を公設第1秘書にするなど計2人を採用。川崎稔参院議員(佐賀)が市民の党の事務担当を務めた女性を、宮島大典衆院議員(長崎4区)が市民の党所属の元三鷹市議を今年2月まで、それぞれ公設第2秘書に採用している。

 衆議院議員課によると、公設秘書の給与は年齢や経験に応じ、年510万〜1千万円が国費から払われる。

                   ◇

 宮崎岳志氏の話「公設秘書は選挙後、酒井代表らに頼まれて採用し、私設秘書はこちらから声をかけた。拉致問題には真摯(しんし)に取り組んでおり、今回の件で何ら落ち度があったとは思っていない」




 市民の党、秘書“派遣” 民主へ浸透 採用、情報流出恐れ 給与、上納に問題も

(産経新聞 8月23日(火)7時56分配信)

 よど号ハイジャック犯や、ポル・ポト派元幹部の寄稿を“機関誌”に掲載するなど、左派勢力と密接関係のある「市民の党」(酒井剛代表)が、選挙協力の見返りに民主党内に秘書を送り込んでいた実態が明らかになった。民主議員側は「勤務実態もあり名義貸しでない」と主張するが、識者は「国会議員は機密に触れる機会も多く、問題がある」と指摘。市民の党が秘書給与をいったん“上納”させ、再分配する制度にも問題がありそうだ。

 民主党の宮崎岳志衆院議員によると、公設第1秘書の採用は宮崎氏が初当選した平成21年の衆院選後、選挙協力にあたった市民の党側から要請があった。「今後も選挙で応援したい。こちらの推薦する人を公設秘書として雇ってほしい」と提案があり、酒井代表から直接紹介を受けたという。

 今年6月ごろに採用した私設秘書については、この男性が宮崎氏の選挙の「裏選対」として活動したことが接点となった。宮崎氏は「(市民の党所属の)神奈川県議だった(この男性の)妻が4月の統一選で落選し生活に困っていると聞いた。選挙で世話になったのもあり、こちらから声をかけた」と説明している。

 また酒井代表を一時、公設第1秘書としていた鷲尾英一郎衆院議員は「自分にとって奇跡の勝利と言われた衆院選後に申し出があった。北朝鮮に関係する団体と知らなかった」などと弁明している。

 ▼“選挙の神様”

 民主党関係者によると、酒井代表は“選挙の神様”の異名を持ち、独自の選挙戦術で無党派層の取り込みにたけるほか、旧社会党系の人脈にも強い。全国から選挙応援に呼ばれることも多く、講演などでは「(当選ラインが)2万〜3万票の選挙なら自分1人で当選させられる」と息巻いた。また、初対面の人を前にしては、30年来のつきあいという菅直人首相や、小沢一郎元代表に直接電話をかけ、民主党への影響力を誇示していたという。

 一方、市民の党関係者によると、「(クレジットカードで限度額無制限の)ブラックカードをいつも財布に入れて持ち歩いていた。政治団体の代表という職でなぜ持てるのか疑問だった」と資金面には謎の多い人物だったという。

 ▼1億3千万円

 この関係者によると、酒井代表は巧みな選挙戦術で議員候補を次々当選させ、議員事務所に送り込んだ秘書や地方議員の給与・報酬を政治団体「市民の党」や派生団体に個人献金させた。政治資金規正法では、個人献金の上限額は1団体に対して150万円までと定められているが、民主党国会議員の関係政治団体など複数団体を“迂回(うかい)”させる方法で、1人あたり年数百万円の献金をさせていたという。

 政治資金収支報告書によると、市民の党や派生団体に対する所属議員16人からの個人献金額は3年で1億3千万円を超す。酒井代表はこうした資金などを元手に政治活動を行い、秘書らを含むメンバーらは再分配された月15万〜20万円の“給与”で生活をしていたとみられる。

 一方、献金に際して、秘書や地方議員らメンバーは、総務省から「寄付金控除」の申請に必要な書類の発行を受けており、税制上の優遇措置を受けていた可能性もある。

 ■脱税に近い印象

 日大法学部の岩井奉信(ともあき)教授(政治学)の話「給与を政治団体に振り込み、また人件費として本人に戻すやり方は複雑なスキームで、脱税やマネーロンダリングに近い印象を受ける。規正法上、人件費には誰にいくら払ったのかを開示する義務はなく、その穴を突く脱法的な手口だ」

 ■恐ろしさ感じる

 独立総合研究所の青山繁晴社長の話「全ての国会議員は強力な国政調査権を持っており、その補佐を行う公設秘書に、拉致容疑者側につながる団体のメンバーが入っていることに恐ろしさを感じる。国家の機密情報が流出する恐れもあり、民主党は徹底した調査を行うべきだ」

shige_tamura at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

2011年08月22日

民主党の代表選挙の行方、前原誠司氏の動向が焦点。

国会「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 民主党の代表選挙は、

 民主党代表選29日、首相選出30日で最終調整。
 27日代表選告示、29日の両議院総会で新代表が決定する予定となった。


 菅首相が辞めるのは決定した。


 民主党代表選で、小沢一郎元代表が影響力を持つようになった。
 候補者の海江田万里経済産業相、馬淵澄夫前国土交通相、小沢鋭仁元環境相らが相次いで元代表の党員資格停止処分の見直しに言及した。


 それは、民主党代表選は期間が短いため、議員だけの投票であり、最大グループの小沢氏から支持を如何に取り付けるかがカギとなった。

 そこで代表選の争点は、政策でなく、「小沢氏への対応」「処分見直し」をするか否かがポイントに。


 前回は、菅対小沢の争いで、親小沢か脱小沢が争点。


 今回の菅後は、小沢氏の支持をどう取り付けるかの動きとなったが、


 ここで、執行部など反小沢グループが、このままでは、小沢傀儡政権となるとの危機感が生まれた。

 岡田克也幹事長は21日、NHK番組で、党代表選候補予定者が小沢一郎元代表の党員資格停止処分見直しに言及していることについて「ねばり強く数カ月かけて議論し党として決めた。処分は変えるべきではない」と批判した。


 そこで、登場したのが世論調査支持が圧倒的に高い前原誠司氏だ。

 氏は、「現執行部の判断を尊重すべきだ」と述べ、見直すべきではないとの認識を示した。

 ただ、前原誠司氏には外相の時に外国人献金問題で辞任した経緯がある。


 民主党は、前原氏が立候補すれば、民主党議員たちは生き残りをかけて世論調査の支持率の高い前原氏への支持が高まることだろう。

 注目すべきは、前原誠司氏の動向となった。

shige_tamura at 11:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!民主党 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント