2009年05月

2009年05月25日

岡田克也幹事長が防衛費と私学助成の削減に言及

 民主党の財源論は、一般会計と特別会計を合算した約210兆円の中から、埋蔵金や官僚機構の無駄遣いを見つけ出し、天下り法人の統廃合や地方への業務移管によって、20兆円分の政策財源を生み出すというもの。
 岡田克也幹事長は、「財源なくして政策なし」の立場。

 昨日のテレビ朝日のサンデープロジェクトで、民主党の緊急経済対策・2年間で約21兆円という財源が問題となった。
 その時に、民主党岡田幹事長は、「20兆円削減できる」と述べ、具体的には「防衛費と私学助成を削減」「族議員とも関係しているから」と発言、それに対して、石原伸晃自民党幹事長代理は「族議員なんかない」と反論した。
 
 問題は、まず防衛費の削減。日本周辺及び各国は防衛費を増額しているのに、日本だけ数年間横ばいで、近年の自衛隊の海外などの業務の増大など防衛関係予算の削減はナンセンス。
 次に、私学助成の削減。これは、教育にとって極めて重要で、鳩山・岡田氏のように国立の東大に入れない大多数の学生にもっと多くの負担を、ということになる。
 この問題は、看過できないと思いブログに書いた。
 今朝の新聞は、この点を一切報道しない。


 なお、民主党案の財源について主な問題点を以下に記述する。

・天下りの廃止等による公共調達のコスト削減(「天下り廃止」により天下り先法人への12.6兆円の支出を大幅に削減)
 12.6兆円の中身は、中小企業等に対する貸付(約3兆円)、奨学金の給付(約0.3兆円)等であり、大幅に削減すると国民生活に大きな影響が生じる。

・独法・特殊法人の原則廃止
 法人を単に廃止しただけでは財源は生まれず、その事業(科学技術研究、奨学金給付、ODA等)を廃止する必要があり、非現実的な話。

・直轄公共事業の見直し
 事業の完成遅延や建設中止のおそれあり。

・個別補助金の原則廃止、一括交付金化
 地方公共団体への補助金19.5兆円のうち、3/4は社会保障や教育費。福祉や教育の水準を切り下げずに、一括交付金化だけで財源が生まれることはあり得ない。

・「埋蔵金」の活用
<参考>21当初予算時における21年度末残高
財投特会 金利変動準備金 6.5兆円、外為特会 積立金 19.6兆円
 特別会計の剰余金・積立金は、安定的財源ではなく、恒久的な政策の財源たり得ない。
 財投特会の金利変動準備金は、累次の活用の結果、21年度末において3.4兆円にまで減少する見込みで、22年度において、この3.4兆円相当額は、基礎年金の国庫負担財源等で活用見込み。
 外為特会については、年々生じた剰余金は一般会計に繰り入れて活用しているが、積立金自体は借入とうらはらであり、正味の財産ではなく財源にならない。


民主党政策の中身についても、まっとうな政策と言えるのか。

・高速道路無料化
国民のETCへの出費が無駄になる。また、多少とも有料にすることによって、トラックの夜間利用を促すなどしており、一般道との価格差別化が無くては、思わぬ大渋滞を引き起こすことになり得る。さらに、高速道路の維持費や過去の建設費の負担(債務)を、利用しない人まで税金で負担することになる。

・子ども手当
総額5.6兆円を要すると試算されているが、巨額の手当をばらまく以外にも喫緊の課題や効果的な対策等を考える必要がある。一律にお金を渡せば、子どもが増えるという単純な考え。

shige_tamura at 09:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!民主党 | 岡田克也

2009年05月22日

日本論語研究会の予定

虹 多くの参加者をお待ちしています。
*会場は、全て慶應大学・三田キャンパスです(港区三田2−15−45)(JR田町、地下鉄三田下車)
今回・第50回
1、日 時 6月6日(土)16時30分〜18時
2、場 所 慶應義塾大学 第1校舎1階 102番教室
3、講 師 山田英雄(JPファミリー生きがい振興財団理事長、元警察庁長官)
     (テーマ、「日本を良くするために」)

・・今後の予定・・・・・・・
第51回
1、日 時 7月18日(土)16時30分〜18時
2、場 所 慶應義塾大学 第1校舎1階 109番教室
3、講 師 岩越豊雄(社・国民文化研究会理事、寺小屋・「石塾」主宰)
(テーマ、続・子供と声を出して読みたい『論語』百章〜「二宮尊徳と論語」〜)

第52回
1、日 時 9月26日(土)16時30分〜18時
2、場 所 慶應義塾大学 第1校舎1階 102番教室
3、講 師 平井正修(全生庵第七世現住職)
(テーマ、『最後のサムライ 山岡鐵舟』から学ぶもの」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇参加費 300円(家族は2人以上で500円、学生は無料です)
〇問い合せ先  田村重信(代表幹事)
 Eメールstamura@hq.jimin.or.jp へ連絡下さい。電話―3581−6211(職場)                    
(参考)日本論語研究会の日程(2週間前と1週間前に2回)と研究会の内容などは、ブログに掲載しています。 ブログ「たむたむの自民党VS民主党」http://tamtam.livedoor.biz/

新しい資本主義(原 丈人著、PHP新書)

原 サブタイトルが、「希望の大国・日本の可能性」という、極めて内容があり、元気の出る本だ。ご一読をおすすめします。
 以下、著者の(あとがき)を掲載します。

 希望とは何だろうか。そして幸せとは何だろうか。
 いま、このことについて、どれだけ真剣に考えられているだろうか。
 本文でもふれたとおり、経済学は数字で表せないものをすべて捨て去ってしまい、「幸せ」という考え方さえ、数値化し、尺度に頼るような風潮を撒き散らしてきた。そのためもあって、「お金をもっていることこそが幸せ」、あるいは「幸せになるためにはお金儲けをしなければならない」などという考えが大いに広まってしまった。

 たしかに、お金をもっているかもっていないかの尺度で測れば、どんな愚か者でもくらべてみることができるだろう。だが、ほんとうにそれが正しいのか。

 私はベンチャーキャピタリストとして、富豪を五〇〇人以上は生み出してきたが、見ているとみな、その後ろくな人生を送っていない。
 いちばんお金持ちになったのは、ネットバブルのときに私が出資した会社の社長だった。
 スイス人の貧しい青年だったが、三十歳くらいで、いきなりキャッシュで五〇〇億円を手にしたのである。貧しかった反動で大きな家に住みたいと思ったのか、彼はお城を買った。かつての大富豪ならば、子どものときから召使いにかしずかれることに慣れていただろうが、子どものころ親子だけで慎ましく生きてきたような人間が、急に使用人という「他人」といっしょに生活したら、それだけでも精神的に不安定になってしまうものだ。

 あるいは、お金をもつと、みずからのステータスを満足させるために、プライベートジェットに乗りたいなどと思う人が多いようだが、プライベートジェットは空港でのプライオリティが低いために、わざわざ主要空港から遠い空港に駐機させられて、結局、そこまでの移動に時間がかかってしまう。

 ステータスを満足させれば幸せになると思い込み、さまざまなことにお金を注ぎ込んではみるものの、実際にはお金がかかりすぎるわりに便利さは得られず、また、値段が高いからといって特段においしいものが食べられる保証もない。うわべのカッコよさなど、現実の幸福とは何の関係もないのである。

 そもそも、お金というものは、「幸せになりたい」という夢をかなえるための道具にすぎない。しかも、これまで数多くのお金持ちたちを見てきた経験からすれば、必要以上のお金を手にすると、かえって真の目的はかなえられなくなるものである。目的は、必要な金額よりちょっと少ないくらいのお金をもっているときにこそかなえられるものであって、お金がありすぎたら、目的は絶対にかなわない。そういうものなのである。

 日本は、「残りものには福がある」という言葉が「生きた言葉」として残っている、めずらしい国である。アングロサクソンの社会では、力の強い者、権力のある者、お金をもっている者がいちばんいいものを手にできると人びとは信じている。だからとにかく、そのような存在になりたがる。最後に余ったものなど、ろくなものではない、というのが彼らの常識なのである。

 しかし、みんながいちばんいいと思ったものは、じつは「いいものではなかった」ということが多いのだ。なぜなら「いいもの」とは、人間が頭の中で計算して判断した結果の価値観だが、所詮、人間が計算できることなど、どんなに頭がよくても限られているからである。計算方法がたいしたものでない以上、それで判断した「いいもの」だって、じつはたいしたものではないのである。

 人生もそうだ。
 私はアメリカのビジネススクールの後輩たちに、よくこう話す。
「君たちは頭がいいから、人生の最短コースを突っ走ってキャリアをつくりあげて、若いうちに有力なポジションに就こうと思って生きているんだろう。しかし、人生はそんなものではない。君ら程度で考える最短コースなど、じつは最短ではないんだよ」

 いちばん重要なのは、目の前に与えられたことを一生懸命、誠心誠意コツコツとやっていくことなのだ。それはつまらないことかもしれない。嫌なことかもしれない。しかし、どのようなことであれ、自分で経験したことは必ず一生のうちで無駄にはならない。その基本的な姿勢を忘れてはいけないと思う。

 第五章の最後に書いたように、日本は、長い歴史のなかで独自の倫理と資本主義の精神を培い、高い技術力を磨き、ものづくりを中心に実業をコツコツと積み上げてきた。「そんなことを続けていたら時代から取り残されてしまう」と、こうした日本のあり方を馬鹿にするような議論もさまざまになされてきたが、それでも日本の現場では、そのよう努力が営々と続けられてきた。

 その積み重ねが、いまの日本の底力をつくりあげている。日本人としてまず、このことに大きな自信と誇りをもつべきなのだ。
 アメリカ発の金融危機によって、これまで「幸せへの最短コース」だと表の人間たちが固く信じていた金融資本主義がもろくも崩れた。今後、世界がどのような局面に向かうか、議論も百出している。

 だが、日本人はこんなときにこそ肝に銘ずるべきなのだ。幸せへの最短コースとは、目の前にあるこの道を誠実に歩むことなのだ、と。基本に忠実に、正しいと思うことを「急がばまわれ」の精神でやりとげていくことなのだ、と。

 本書が、そのような道を歩もうとする人びとにとっての「一つの道しるべ」になれば、著者として大きな喜びである。

shige_tamura at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本の紹介 

2009年05月21日

鳩山由紀夫代表「略奪婚」の真相

鳩山 今日発売の『週刊文春』(5月28日号)に鳩山由紀夫代表「略奪婚」の真相が詳しく載っていました。「ワイフ・スティーラー(嫁泥棒)だ!」と言われたようです。
以下、関連個所を掲載します。

(略)人間性にも疑問符がつく。その最たるものが、過去に幾度も「愛人騒動」が週刊誌等で報じられてきた通り、「下半身の品格」である。
 夫人の幸さん(65)とも、当初は不貞の関係にあった。東京大学工学部を卒業後、一九七〇年から米スタンフォード大学に留学した鳩山氏は、サンフランシスコの地で、元タカラジェンヌの幸さんと知り合った。「当時、幸さんは、サンフランシスコに住む日本人男性と結婚していました。その旦那さんの姉夫婦が現地で日本料理店を経営していて、由紀夫君のご両親から頼まれて留学中の由紀夫君の面倒を見ていた。幸さんもその店で働いていた関係で二人は知り合ったそうです」(後援会関係者)

 結局二人は、幸さんと前夫との離婚成立後に結婚した。小誌は00年十月十二日号で、「義弟の妻を奪った輩を許さない 鳩山由紀夫の不道徳な『略奪婚』」と題して、その料理店を経営していた、幸さんの前夫の義兄、ジェームス・坂田氏(故人)への独占インタビューを行っている。そこで坂田氏は、夫の不在中に自宅に上がりこむなどして幸さんと密会を重ねた由紀夫氏を、「ワイフ・スティーラー(嫁泥棒)だ!」と怒りに声を震わせた。そし て、この一件以降、一度も挨拶すらない由紀夫氏を、こう断じた。

 「ご両親のことを思えば、世話になっている家の親戚の嫁と特別な関係になるなどということは、決して考えられないはずです。由紀夫氏には、そういったモラルが完全に欠如している」

 鳩山氏自身は、当時のことを後にこう語っている。
〈後はもつれたりしないように、母なりに苦労してくれました。結婚するときも彼女の元の亭主の所へ行って「こういうことになりましたから」と。もっとも私は一緒に行かなかったから、わからないんですけど(笑)〉(『女性自身』九六年八月二十七日号)
 結婚当時、鳩山氏は二十八歳。いい年して、母親に尻拭いさせるなど、笑い事で済む話ではなかろう。

 一方で今やファーストレディ候補に躍り出た幸夫人は現在、衣食住の生活全般をコーディネートする“ライフコンポーザー”として活躍している。
「既に料理の本を何冊も出してますし、由紀夫さんが着る服はネクタイや靴下に至るまですべて幸さんがコーディネートしている。ただセンスは……結構突拍子がない感じ(笑)。地元にはよく帰っていて、『鳩山幸とティータイム』という女性支持者の集まりを開いてます」(前出・後援会関係者)
 その幸夫人は、最近出演したテレビ番組『美女放談』(テレビ東京系、五月一日・八日放送分)で、女性タレントを相手にまさに放談を連発した。
「一番はじめ(の結婚)は、はずみで、っていう感じ」「主人がいつも言ってくれるのは、『僕は全女性の中から君を選びました。独身の女性から既婚の女性から全部あわせたなかから選んだ』ということ」(略)

shige_tamura at 17:29|PermalinkComments(5)clip!鳩山由紀夫 

民主党の岡田・前原両氏の米国での拉致への問題発言

拉致 今日、自民党拉致問題対策特命委員会(古屋圭司委員長)が開かれた。
 席上、増元照明家族会事務局長は、ワシントンのシンクタンクを訪問した際、

「民主党の岡田、前原議員が、米国で、テロ支援国家支援リストがはずれても、日米関係にとって大きな支障とならない」「日本は拉致問題に固執しすぎて、核・ミサイル問題の障害になっていると述べたと聞いた。」

「そして、先方から、日本の政策が変わったのか、と言われた。」

「その後、テレビ朝日の田原発言(拉致被害者は生きていないことはわかっている)もあり、もう一度、国内の体制を一つにしないといけない。」

「我々家族会は、拉致被害者は生きている。救済しないと国家としてなりたっていかない。との思いで取り組んでいる」と語った。

民主党のいい加減な財源確保を批判(塩川元財務相)

「民主党は、行政の無駄遣いを減らせば10兆円程度の財源を確保できるとしているようだが、このような無責任ででたらめな知識で政権運営をされたら大変な国家になる。」というのが塩川元財務相の主張。

 以下、今朝(5.21)の産経新聞【塩爺のよく聞いてください】元財務相・塩川正十郎氏の論文を掲載します。


 ■「鳩山さん、精進で蹊を成せ」

 「瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず」「李下(りか)に冠を正さず」という言葉がある。若い読者にはなじみが薄いかもしれないのであえて解説すると、いずれも他人に疑われるような行いは避けた方がいいという意味だ。政治家が最も肝に銘じなければいけない格言だが、最近、この言葉に反する出来事が多い。

 民主党代表を辞任した小沢一郎氏にかかわる巨額献金事件もそのひとつである。「政治には金が必要だ」「金集めは当然だ」と思っているのかもしれないが、そもそも何億円という金がどうして必要なのか不思議だ。政治資金をもらうことを当然と思う特権意識を持っているのではないか。

 おおむね政治家は政治資金の内容や収支計算に無頓着すぎる。政治資金規正法違反が発覚しても、形式犯と受け止めているから、倫理的責任を感じず、「献金を返還すればいい」「報告書を修正すればいい」と考えている。

 過去にはそれでも通用したが、現在は違う。情報公開が求められる時代になり、収支報告書に虚偽や不正があれば形式にかかわらず道徳犯になる。食品の原産地や賞味期限の偽装表示を行った企業が法的にも社会的にも厳しく指弾される時代だ。

 より高い倫理観を求められる政治家が虚偽報告をしていながら、形式犯では済まされない。だから、小沢氏が代表を辞するのは当然と思っていた。

 しかし、民主党代表選では、鳩山由紀夫代表も岡田克也幹事長も、小沢氏の功績と政権交代だけを訴えてあっけなく終わった。巨額献金事件で失った国民の信頼を回復するため、時間をかけて民主党の価値と政策を知ってもらえばよかったのに国民も党員も無視した短期間のドタバタ選挙で絶好の機会を逃したのは残念だ。

 代表選に時間をかけると、小沢氏の影響が薄くなると心配したのだろう。その結果、民主党は小沢氏の影にすがりつく格好になり、事件によるマイナスイメージの払拭(ふっしょく)にも、党の清新さをアピールすることにも失敗した。

 新代表の鳩山さんは人格高潔、学識豊富で、政治家としての鍛錬も十分だ。しかしながら、「愛のある政治」などの政治スローガンは聞こえてくるが、どういう政策を掲げ、どういう国家を造るのかという具体像が見えない。中曽根康弘元首相の「ソフトクリーム」という人物評に対し、鳩山さんは「芯(しん)があるアイスキャンディー」と言ったそうだが、今の日本に言葉遊びをしている余裕はない。

 今、わが国で最も重要なのは、財政を崩壊させることなく政府主導で経済を活性化させることだ。民主党は、行政の無駄遣いを減らせば10兆円程度の財源を確保できるとしているようだが、このような無責任ででたらめな知識で政権運営をされたら大変な国家になる。

 国民は二大政党による政権交代で、政権党が新鮮で強力な推進力を発揮することを望んでいる。麻生太郎首相も懸命に努力しているので、鳩山さんにもスローガンだけでなく一層のご精進をお願いしたい。「桃李言わざれども下自(おのずか)ら蹊(みち)を成す」。徳のある人物の下には、何も言わなくても、自然に人が集まり、道ができるものである。

shige_tamura at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主党 | 鳩山由紀夫

2009年05月20日

鳩山代表の言動のいい加減さ

鳩山 僕は、鳩山代表の発言する言葉が曖昧で、いい加減なところが多いと思っていたが、それを今朝の産経新聞の一面で【くにのあとさき】に東京特派員・湯浅博雑氏が「友愛外交とは驚いた」との論文を掲載していた。
 鳩山代表の言動のいい加減さに関する部分を掲載する。


 「友愛外交」だと聞いて暗い気分になった。
(略)

・・・鳩山さんにもある種の変節はある。

 自民党の中川昭一政調会長(当時)が3年前、核保有について「議論はあっていい」と語ると、「議論自体も許されない」とやった。だが、その7年前に、彼が正反対のことをいっていたことをご記憶か。西村真悟元防衛政務次官の核武装発言に関して、「議論すらいけないという発想はいかがか。本質論をえぐる議論をしていきたい」と述べていた。

 鳩山さんの発言にもウラがあるけれど、それは国内政局という狭い世界の「誠心誠意のウソ」(三木武吉)とはいえないか。ご説の通り、防衛の本質をえぐる議論をしていただきたい。

 ところが、15日の公開討論会では憲法改正を「大上段に構えている余裕があるのか、ないのか」だし、集団的自衛権も「すべてができないというべきでもないし、すべてやっていいという話でもない」という。曖昧模糊(あいまいもこ)というべきか、同盟関係にある米国も「だから?」と聞きたいだろう。

 小沢一郎前代表は米軍駐留は「第7艦隊だけで十分だ」と中国や北が喜びそうなことをいったが、それなりに明快だった。鳩山さんの曖昧さは、政権奪取後の自由度を確保しておくためなのか。それにしても記者会見は、甘い幻想をちりばめており、政権党の責任に不安が残る。
(略)

shige_tamura at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!鳩山由紀夫 

知っておきたい民主党の本質(中)

:政策より政局
:代表が代わっても党の体質変わらず
 
 民主党の基本姿勢は「国益や国民生活に影響がある政策であっても、政権交代のためには政争の具にすることも厭わない」ことにある。

 例えば昨年11月17日、小沢一郎代表(当時)は麻生太郎総理との党首会談で、平成20年度第2次補正予算案を臨時国会に提出するよう求め、要求に応じなければ、すでに合意していた新テロ法改正案の採決に応じないと迫った。
 全く関連性のない国際貢献のための同法案採決と補正予算提出とを絡めたのは、政府・与党が「国益上、どうしても成立させたいと考えている法案を人質に恫喝すれば、要求を受け入れるかもしれない」と考えたからだ。
 これに対し、麻生太郎総理が「参院で決めたことを党首が一方的に破棄するのは納得しかねる」として要求を拒否すると、予告通り同法案の採決をボイコットした。
参院での政党間の合意の重みを考慮すれば、党首(小沢代表)の意向次第で、約束が反故にされた事実は政党政治の健全性を大きく損ねたといわざるを得ない。

 また、小沢代表が「選挙対策」を理由に衆院本会議を欠席したり、途中退席することは国会内では有名な事実だ。こなすべき外交日程を業界団体への選挙対策のためにドタキャンしたこともある。民主党にとって、選挙に勝つことがすべてであって、その他のことは二の次なのである。

 いずれにせよ、民主党では「政権交代」という「大事」の前に、国益や国民生活に関わる重要法案も「小事」となってしまう現実がある。同党の山岡賢次国会対策委員長は昨年、報道機関のインタビューに「政局のために政策があるのであって、政策が優先であるがごときは、国民生活とかけ離れた学者論議」と語っている。いまや、この考え方が党全体に蔓延した観がある。しかし、この考え方は政権を担おうとする政党として、最もふさわしくない発想である。

 小沢代表は5月11日、西松建設の違法献金事件に絡み、代表辞任を表明した。しかし、辞任表明の記者会見でも、何故今この時期に辞めるのか、何故自分の秘書が逮捕されたときに辞めなかったのか、納得のいく説明はなかった。

 衆院議員の任期満了まで4カ月足らずというこの時期の辞任表明は、最近の各種世論調査での同党支持率低下を受けての、計画されていたシナリオとの見方もある。新代表のイメージの新鮮さで選挙を乗り切ろうという姑息な小手先の戦術だ。そうだとすれば、それこそ「選挙目当て」の批判は免れないだろう。

 鳩山由紀夫氏が16日、新代表に決まったが民主党に綱領がなく、理念もバラバラである事実に変わりない。したがって民主党内に蔓延した「政策よりも政局」という体質が一挙に改善されるとは考えられないのである。(「民主党問題」研究班)
(「自由民主」5月26日号より)

shige_tamura at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主党 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント