2008年12月

2008年12月26日

社会保険庁労働組合のヤミ専従問題の刑事告発を受けて(細田幹事長談話)

社会保険庁労働組合のヤミ専従問題の刑事告発を受けて(幹事長談話)

 本日、社会保険庁労働組合の所謂「ヤミ専従」問題に関し、舛添要一厚生労働大臣は、専従者などを背任罪で刑事告発した。

 この問題は、社会保険庁職員が無許可で労働組合の専従者となり、全く勤務実態が無いにも関わらず、10年間で8億3千万円の給与を不正に受けとっていたという言語道断の犯罪行為である。

 わが党は、本年3月より幹事長室に設置した「社会保険庁労組問題プロジェクトチーム」(座長 菅原一秀副幹事長)において、社会保険事務局の当時の担当者からヒアリングを行うなど証拠の収集と分析を行ってきた。その結果、ヤミ専従問題は、これを主導した労働組合及び専従者のみならず管理職を含めた社会保険庁全体の組織的犯罪行為であることが判明したため、7月、舛添厚生労働大臣に対し、第三者による徹底調査と、刑事告発含めた厳格な対応を提言した。

 このたび、プロジェクトチームの提言に沿う形で、社会保険庁職員の刑事告発という厳格な対応が取られたことは、当然ではあるが、労働組合のヤミ専従問題に限らず、年金制度全体の信頼回復のために一定の評価をする。

 今後は、司法の場で社会保険庁の長年の宿痾とも言える労働組合とのなれ合い体質の諸問題が是正され、国民本位の公正な厚生労働行政が行われることを期待する。


平成20年12月26日
自由民主党 幹事長   細 田 博 之

shige_tamura at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

今年はありがとうございました。謹賀新年

富士山本年は多くの方から僕のブログを応援して頂き心から感謝申し上げます。
 僕のブログでは、マスコミで見落としがちな記事や僕の考え、読んだ本の紹介などをしてきました。多くの方からのご意見を賜り心から感謝申し上げます。

 来年は、総選挙が必ずあります。
 来年は、政治のコメントを一層充実していきたいと思います。

 1月31日には、拓殖大学海外事情研究所主催の「安全保障シンポジウムーアメリカ新政権とアジアのゆくえー2009年を読むー」で、僕は「日本の安全保障政策とアメリカ」(テーマ)について講演します。

 来年も「日本論語研究会」のコーナーを充実していきます。お陰さまで、講師も充実し参加者も多くなり、好評を得ています。2月には僕も話します。

 「日本は駄目だ」と思うのと「頑張れば大丈夫」と思うのでは、結果が違ってきます。
 今こそ、論語の精神、渋沢栄一氏の「論語とそろばん」という考え方が重要になっています。

 最後に、皆さまには良いお年をお迎えくださるよう心からお祈り申し上げます。
 ありがとうございました。



「日本論語研究会」の予定

*会場は、全て慶應大学・三田キャンパスです
 (港区三田2−15−45)(JR田町、地下鉄三田下車)

今回
第45回
1、日 時 1月24日(土)16時30分〜18時
2、場 所 慶應義塾大学 第1校舎1階 102番教室
3、講 師 山本卓眞(富士通名誉会長)
(テーマ、先人に学ぶ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第46回
1、日 時 2月21日(土)16時30分〜18時
2、場 所 慶應義塾大学 大学院校舎1階 311号室
3、講 師 田村重信(日本論語研究会代表幹事)
(テーマ、継続することが目的―5年目を迎えた日本論語研究会)

第47回
1、日 時 3月14日(土)16時30分〜18時
2、場 所 慶應義塾大学 西校舎1階 516教室
3、講 師 溝本(安岡)定子(文の京こども論語塾講師)
(テーマ、「祖父・安岡正篤とこども論語塾」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇参加費 300円(家族は2人以上で500円、学生は無料です)
〇問い合せ先  田村重信(代表幹事)
 Eメールstamura@hq.jimin.or.jp へ連絡下さい。電話―3581−6211(職場)    事務局〒105−0002 港区三田2−15−45 慶大・南館20510
日本論語研究会03−5427−1328(直通) FAX 03−5418−6584(共同)
(参考)日本論語研究会の日程(2週間前と1週間前に2回)と研究会の内容などは、ブログに掲載しています。 ブログ「たむたむの自民党VS民主党」http://tamtam.livedoor.biz/ 

千載一隅の大チャンス(長谷川慶太郎著、講談社インターナショナル)

長谷川 今年最後、ブログでの本の紹介である。
 今年は、米国の金融危機から世界中が不況に見舞われた。
 書店に行けば、金融・経済に関する本が山積みだ。
 僕も、ブログで紹介したようにその種の本はかなり読んだ。
 ほとんどが悲観的なものだ。

 その中で、長谷川慶太郎氏の本を読むと元気が出る。
 長谷川慶太郎氏は、昔からファンで、軍事ものから経済ものまで、多くの著作を読んだ。
 
 今回の本も、帯には、
 この金融危機で一番有利な国は日本だ。「日本株」はかならず大きく買い直される。米国主導体制はゆらがず、日米枢軸の世界経済は21世紀の人類に大変明るい時代をもたらすーとある。

 本には、米国主導体制はゆるがない、21世紀も「米国主導の一極支配体制」は続くーとあるが、これは、著者が「米国の技術水準は他国の追随を許さない」などの軍事的な知識に裏打ちされた分析である。

 なぜ、「日本円が高いのか」、「ドルに比べ、ユーロ他の通貨が下落するのか。」
 この本を読めば、その答えが分かる。

shige_tamura at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本の紹介 

バブルの物語(ジョン・K・ガルブレイス著、ダイヤモンド)

バブル 人々はなぜ「熱狂」を繰り返すか
すべての投資家は、自分だけは賢明だと信じている。――暴落が訪れるその瞬間まで
 この本を読んでみて、人間は誰もが失敗を繰り返すもので、読者もその例外ではないということ。 人間は、うまく行った時、絶頂期に誤りを犯すものだ。しかし、こうした本を読むことで、人間は賢くなる。

 この本は、少し軽いと感じられるかたは、

 今読む必読書「大暴落1929」(ジョン・K・ガルブレイス著、日経BP社)
をおすすめします。
 この本は、バブル崩壊、株価暴落のあとに必ず読まれる名著です。

 本を読んでみて、人間は同じ過ちを犯す。人間は、「欲に溺れると過ちを犯す」を繰り返すものです。今だからこそ読んでみましょう。

shige_tamura at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本の紹介 

この国を作り変えよう(松本大 冨山和彦著、講談社)

この国 今、注目の二人の対談本だ。
本の帯には、
経済大停滞、年金崩壊、格差の二極化、貧困化する地方・・・

問題の本質は「若者の所得を収奪する団塊世代」である。
日本の指導層がひた隠す「不都合な真実」を40代経営者が抉(えぐ)る!
――とある。

「海外から資本が入ってくるのを拒絶して、既得権を守り抜こうとするのは問題」
「全員が負けないとか、共産主義みたいなことをやっていたら、競争力が落ちて国力は尻すぼみになり、日本はますます凋落していかざるを得ません」などなど・・・
 
 ご一読をすすめます。

shige_tamura at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本の紹介 

2008年12月25日

イラク復興支援派遣輸送航空隊等帰国行事に参加

イラク1イラク











イラク2イラク3











 昨日、航空自衛隊の小牧基地でのイラク復興支援派遣輸送航空隊等帰国行事に参加してきました。
 5年間にわたるイラクの人道復興支援が終了しました。
 一人の犠牲者もなく終了したことは奇跡的なことです。
 これも、自衛隊員が緊張して、日本という国家を背負って頑張ったからだと思います。
 式典では、麻生首相、小泉純一郎元首相、浜田防衛大臣、中曽根外相、石破農水相のほか、中谷元防衛庁長官ら自民党国会議員が参加しました。民主党議員は誰も参加しませんでした。
 式典の最中に、イラクへの派遣では、僕は与党調査団の事務局としてバグダッドやバスラに行くなど報告書を舛添要一議員らと取りまとめたことが思い出されました。

 最後に、イラクに行かれた自衛官の皆様に「本当にご苦労様でした」と申し上げます。

西川京子衆議院議員の民主党他の雇用関係四法案への反対演説(12月24日)

 自由民主党の西川京子でございます。
 私は、自由民主党及び公明党を代表いたしまして、ただいま議題となりました、民主党、社会民主党及び国民新党提出の「内定取消しの規制等のための労働契約法の一部を改正する法律案」、「派遣労働者等の解雇の防止に関する緊急措置法案」、「雇用保険法の一部を改正する法律案」及び「期間の定めのある労働契約の規制等のための労働契約法の一部を改正する法律案」について反対の立場から討論を行います。

 まず、冒頭申し上げたいのは、本法案の異常な審議経過であります。民主党などの提出会派は、表向きは、与党の理解を求め法案成立を目指すとしながら、実際、参議院ではわずか二時間半の質疑、十分な審議はなされないまま、委員会採決を強行。まさに強行採決という形で衆議院に送られてきました。
 それでも与党は、現下の厳しい雇用情勢を踏まえ、政治の責任を果たすためには審議が必要と考え、衆議院での委員会の定例日外の審議にも応じたのであります。審議重視の与党と、協議拒絶の野党、どちらが真に国民生活のことを考えているのでありましょうか。

 また、与党・政府は、八月二十九日の「安心実現のための緊急総合対策」、十月三十日の「生活対策」、十二月九日の「新たな雇用対策」と、矢つぎばやの対策案を打ち出し、厳しさを増す雇用情勢に機動的に対応してきました。しかし、民主党を含めた野党は、雇用対策など不要といわんばかりに、そもそも、この臨時国会の会期延長に反対でありました。にもかかわらず延長国会に入って、充分な審議時間をとるのは不可能な、会期末ぎりぎりの十二月十五日になって急遽法案を提出したのであります。対応が遅すぎますし、本気で法案を成立させる気がおありなのか、はなはだ疑問であります。雇用問題への現状認識の甘さの現れではないでしょうか。

 次に対策の規模でありますが、総額約三千四百億円。
 この程度で本当に現下の雇用情勢に対応できるのでしょうか。与党・政府の二兆円規模、百四十万人の雇用下支え効果の対策と比べて、余りにお粗末であります。加えて、その三千四百億円の財源も明らかにされていない有様です。余りに無責任であります。

 さらに内容を検討いたしますと、まず、内定取消の規制等のための労働契約法の一部を改正する法律案において、内定通知書の発出をもって一律に労働契約成立を推定するとしていますが、内定取り消しについては、通常、労働契約法の解雇の規定が適用になるので、新たな規制がなくても対応できることになっており、この法案では、現下の採用内定を巡る問題に何ら対応できず、企業が内定を回避して内々定に止めることで学生に不利になるおそれが出てきます。

 派遣労働者等の解雇の防止に関する緊急措置法案では、雇用調整助成金の適用範囲を拡大するとしていますが、政府が十二月九日から適用することとしている拡充策と比較しても限定的な部分があり、かつ、政府案より遅い施行となっています。

 雇用保険法の一部を改正する法律案については、既に政府で実施している住宅確保支援について、施行期日を後ろ倒しで設定するとともに、雇用保険の適用範囲について、雇用見込み一年未満の労働者にも一律に適用することによって、保険料だけ払って受給ができない可能性を生じさせるなど、細部の検討が全く不十分であります。
そのほかの項目も、現在政府内で進められている、労使関係者も入っての雇用保険制度見直しの検討の妨げともなりかねません。

 期間の定めのある労働契約の規制等のための労働契約法の一部を改正する法律案は、有期労働契約の締結事由を限定するなど企業に規制を課しておりますが、これでは、企業がパートタイムやアルバイト等で求人を出せなくなり、わが国の経済活動に多大な支障が生じ、さらに、雇用の機会が失われ、失業者が増大することになりかねません。

 このように、いずれの法案も多数の問題点があり、それどころか、与党・政府の取組の妨害ともなるものです。
 我々はこの法案を、トゥーレイト、トゥーリトル、オブストラクション。遅すぎる、小さすぎる、そして現下の景気対策、雇用対策の阻害にさえなるものと申し上げたいと思います。党利党略からパフォーマンスで提出された、問題だらけの法案に、責任ある与党の立場としては、到底賛同するわけにはまいりません。

 野党のみなさんが、心から雇用対策が重要とおっしやるならば、一月五日に政府が提出する二次補正予算、そしてそれに続く平成二十一年度総予算の審議にぜひ協力していただき、速やかに成立させていただくことが、最善最速の雇用対策になると思います。このことを強く申し上げ、自由民主党及び公明党を代表しての私の討論といたします。

shige_tamura at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

2008年12月24日

拝啓総理大臣殿 これが日本を元気にする処方箋です(フォーラム21・明日の健やかな日本を考える会著、東洋経済新報社)

サラリーマン この本は、36人のサラリーマンが日本のことを真剣に考えて作ったものだ。
 であるだけに参考になる点が多かった。そこで、これはと思った箇所を掲載します。

人づくりのよりどころ

 「学ぶ力×人間力=総合力」
 このよりどころが道徳。「道徳心がない拝金主義の日本人が世界を席巻しているというのは」私たちの欲する姿ではありません。

 吉田松陰の言葉「今日よりぞ 幼心を打ち捨てて 人と成りにし 道を踏めかし」
 道徳教育においては「形から入ること」も重要。

本を読む重要性

(略)親が率先して「毎日30分は読書をする」「毎日一回は子どもと対話をする」などと決めるのも良いでしょう。
 江戸中期の経世家であり海防学者であった林子平は『父兄訓』(1786年)のなかで、「子どもの出来不出来は親の教育によることが大半であり、生まれではない。不徳の子どもになったことを後で後悔しても始まらない。子どもは親の真似をするものだから親自らが文武に励み修行することが大事だ」と説いています。
 フィンランドの親たちは世界で一番多くの本を読みます。韓国の親たちは良い親になるための教育を受けます。『父兄訓』から200年以上たった今、これを新鮮に感じるのは私たちだけでしょうか。


 さらなる飛躍に向けて、私たちが今やるべきこと

 縮む日本を飛躍のバネとして確かな未来をつくるためには、まず私たち自身の意識と行動を変えなければなりません。

 第一に「自主自立の精神」を徹底することです。自ら考え、自ら学ぶ、そして自らが行動を起こさなければ社会は変わりません。誰かが助けてくれる、誰かがやってくれるという他人任せの体質が今の日本に蔓延しています。これではいつまでたっても何も変わりません。俺がやらなきゃ誰がやる!強い自主自立の精神と参加意識をもってものごとに取り組まなければなりません。

 第二に「多様性」を認知することです。社会の主体は国家から企業、そして個人に移ってきました。これからの新たな価値観と豊かさの時代においては、個人を尊重すること、したがって多様な価値観やものさしを尊重することがますます重要になります。同質の人間同士でこぢんまりまとまるムラ意識を捨てて、自分にとって異質な人間とも積極的に交流しなければなりません。

 第三に「ライフスタイル」を転換することです。物質的な豊かさだけにとらわれず精神的・文化的な豊かさを求めるのであれば、個人は社会や組織の奴隷になってはいけません。とくに私たちは企業に使われてはいけないのです。一人ひとりの自己実現を目指してライフスタイルを見直す必要があります。このところロハス、スローライフ、ワーク・ライフ・バランスなどがブームになっていますが、自分自身の生活パターンを見直して、今すぐにでもこれを思い切って変えることが大切です。

 第四に「健全な競争」と「正当な評価」がなされる社会を目指すことです。悪平等の社会には活力を期待できません。頑張って結果を出せばほめられる、尊敬される、そして金銭的にも報われる社会でないと活力は生まれないのです。たとえば志の高い首長や官僚はもっと報われてもよいでしょう。ポストと責任に見合った待遇をしないと、優秀な人材がどんどん他へ流れてしまいます。

 第五に「和」の精神を忘れないことです。グローバル化の世界で行きすぎた資本主義や競争環境にさらされ、企業も個人も疲弊しています。「和を以て尊し」とする日本人古来の精神に則った社会形成、組織運営を進めることが求められています。競争・格差社会における弱者救済や敗者復活のルール作り、短期的なリターンをねらう株主に振り回されることなく幅広いステークホルダーを大切にした会社経営などがそうです。
 人口減少の時代を迎えて日本はいったん縮みます。しかしこれは新たな飛躍への好機なのです。新たな価値観と豊かさを求めて私たち一人ひとりが意識を変え、そして行動することで日本は「まほろば」に一歩一歩近づいていくのです。

shige_tamura at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本の紹介 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント