2007年08月

2007年08月31日

講演「政治と安保政策」(その7)

ランチバック1 5.橋本内閣(96年1月〜)

 それから橋本内閣となりまして、党の政策提言も非常に活発になりました。瓦さんが安保調査会会長になって、久しぶりに自民党の総理・総裁となったから、安全保障政策をきちっとしていこうということになりました。
 それならば、まず日米安保体制をきちんとする意味で、それに関係する提言を作りましょうといって、「日米安保体制の今日的意義」という提言を作りました。それが日米安保共同宣言のとき大いに参考になりました。
 提言の中で、日米防衛協力の指針の見直し、ガイドラインの見直しという言葉を入れました。それがガイドラインという言葉の最初の発端ですよ。当時は、みんなガイドラインといっても知らないんですよ。最近になればガイドラインといえば「日米防衛協力のための指針」のことだとみんな知っていますけど。提言の中にそれを入れました。
 それが参考になって、日米安保共同宣言になり、ガイドラインの見直し、沖縄の米軍基地の整理・統合・縮小、SACOの報告となりました。これも『日米安保と極東有事』(南窓社)という本に入れておきましたから読んでみてください。
 沖縄問題、少女暴行事件、基地反対ということで住民投票、と色々ありました。沖縄県の大田知事が賛成しそうだったのが海上ヘリポート反対ということになったりしました。
 8年前になりますが、名護の市長選に岸本建夫さんが出るということで、当時、自民党幹事長代理の野中広務さんから「君、選挙に入ってくれ」言われました。「国会議員は入れないから」と。それは、住民投票のときに国会議員を入れたんだけどもうまくいかなかったからなんです。防衛庁がどんどんやって、うまくいかなかったんです。
 「今回は一切そういうのは排除するから、君1人でやってきてくれや」と。その辺のところを詳しく知りたければ、『龍ちゃん流 橋本龍太郎』(kkベストセラーズ)という本がありますから、ここでは割愛します。


週刊現代の「隠し資産」報道 小沢代表側が敗訴

小沢
気が付きませんでしたが、昨日、友人から「朝日新聞に、小沢さんが、『週刊現代』を訴えていた問題で、東京地裁で負けたという記事が載ってたよ」ということ聞きました。
 小さな記事だったので見逃しました。

以下がその記事です。


朝日新聞(8月11日)

「隠し資産」報道   小沢代表側敗訴

 民主党・小沢代表が、「週刊現代」06年6月3日号の「小沢代表の『隠し資産』6億円を暴く」と題する記事で名誉を傷つけられたとして、同党とともに同誌編集人や発行元の講談社などに計6千万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は10日、小沢氏側の請求を棄却する判決を言い渡した。
 松本光一郎裁判長は「論評の域を出ていない」と判断して名誉毀損の成立を認めなかった。
 記事は、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」の収支報告書の資産欄に小沢氏名義の不動産が記載された点を「『隠し資産』と疑われても仕方ない」と指摘する内容。

 小沢氏の事務所は「納得できない。直ちに控訴する」とのコメントを出した。



shige_tamura at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!小沢一郎 

小沢チルドレン止まらないスキャンダル

日刊スポーツ今朝(31日)の「日刊スポーツ」によると、次のような報道がされています。

 「小沢チルドレン」スキャンダルが止まらない。
 愛媛県警捜査2課と松山東署は30日、7月の参院選愛媛県選挙区で初当選した無所属の友近聡朗参議院議員(32)への票の取りまとめの報酬として、有権者に現金提供を約束したとして、公選法違反(買収の約束)の疑いで、松山市の指定暴力団山口組系暴力団幹部を逮捕した。同容疑者は「票の取りまとめは頼んだが、そのほか事実と違う」と否認。友近議員や同陣営との関係は否定している。
 友近氏は、若さとクリーンなイメージが最大の武器の元Jリーガー。

 次が、「姫の虎退治」団子お蔵入り
不倫報道で急転、業者が決定
というものです。
 これは民主党姫井由美子参議院議員のことです。

shige_tamura at 09:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!小沢一郎 

「日本論語研究会」の予定

*会場は、全て慶應大学・三田キャンパスです
 (港区三田2−15−45)(JR田町、地下鉄三田下車)

今回
第30回  

1、日 時 9月15日(土)16時30分〜18時
2、場 所 慶應義塾大学  大学院校舎1階 311号室
3、講 師 増田和夫(防衛省大臣官房文書課部員)
(テーマ、論語なくして日本の民主主義なし)
村木春彦(日本論語研究会幹事・代表世話人)
(テーマ、学びて思わざれば則(すなは)ち罔(くら)し)

・・・・・・・・・・・・・・・

第31回  
1、日 時 10月20日(土)16時30分〜18時
2、場 所 慶應義塾大学  大学院校舎1階 311号室
3、講 師 中條高徳 アサヒビール名誉顧問


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇参加費 300円(家族は2人以上で500円、学生は無料です)

〇問い合せ先  田村重信(代表幹事)
 Eメールstamura@hq.jimin.or.jp へ連絡下さい。電話―3581−6211(職場)   事務局〒105−0002 港区三田2−15−45 慶大・南館20510
日本論語研究会03−5427−1328(直通) FAX 03−5418−6584(共同)
(参考)日本論語研究会の日程(2週間前と1週間前に2回)と研究会の内容などは、ブログに掲載しています。 ブログ「たむたむの自民党VS民主党」http://tamtam.livedoor.biz/



2007年08月30日

民主党の逆風スキャンダル

さくらパパ姫











夕刊フジ今朝発売の「週刊新潮」に「さくらパパ」こと民主党の横峯良郎参議院議員の続編が掲載されました。タイトルは「賭けゴルフの口止め工作」「驚愕のハレンチ写真」!特集
これでも民主党は「さくらパパ」をかばえるの?というものです。

「週刊文春」は、姫井ゆみ子参議院議員のことです。

虎退治 元高校教員が実名告発 450枚の「想い出アルバム」
姫井ゆみ子との愛欲6年
「かなりのMで、ぶってぶってと言ってきます」
夫と二人の子供を置き去りにして不倫に走る「姫」に国会議員の資格はあるか


というものです。
あとの一つは、小沢秘書「選挙違反で立件」報道
です。

 

shige_tamura at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

講演「政治と安保政策」(その6)

ランチバック14.村山内閣(94年6月〜)
 それから村山内閣になります。そのときの防衛政策の調整というのは大変でした。自衛隊を認めないとか、日米安保いらないとか、言ってたわけですから。
たしかに村山総理になってからは、自衛隊も認める、日米安保も認めるということで総理になったわけです。
 政策調整の会議というのが大変でした。山崎拓さん、社会党は岩垂寿喜男さん、新党さきがけからメンバーがでました。面白かったですよ。完全な政治主導なんですよ。
 予算の概算を決めて、仕上がりまで決めちゃうんですから。そんなことがあって、ちょうどその頃の防衛計画の大綱、中期防を決めるときでした。
 当時の防衛庁は村田事務次官で「結構いい仕上がりでした。中曽根内閣のときに負けないくらいいい仕上がりでした。」と何かに書かれていました。

 あとびっくりしたのは、94年8月のお盆に、山崎拓さんから電話が来て、「党本部にきてくれ」と。「これから自衛隊がルワンダに行く。その前に国会議員で調査団を出す。君が事務局長で行ってくれ」と。自民党からは大野功統国防部会長、中谷元さん、団長は社会党の岩垂さん、ということでした。
 僕は家族からは「そんな危ないところには行かないで」と言われましたけどね。
大変なところなんです。直接民間機で行けないんですよ。ヨーロッパ経由でケニアまでは行けるんですが、その後はUNHCRの飛行機を出してもらって、ザイール、ゴマ、ルワンダと入ったんです。ある意味命がけでした。
 そこで変な議論になりまして、機関銃が何丁だとか。僕は岩垂さんと相談しまして、「自衛隊を出さなければいかん。」ということでした。岩垂さんは、もし自衛隊が事故でもあったら、バッジを外す覚悟をしていました。なかなか腹のある政治家でした。政党は違いましたけれど、岩垂団長に一生懸命に仕えました。
 喧々諤々の議論がありまして、現地で「中間報告」を出すように言われました。東京の総理官邸と連絡を取るために、器材、アンテナを持っていました。今の国際協力課長、鈴木敦夫さんたちが持っていました。それで電話しました。

 当時、機関銃の問題がクローズアップされました。機関銃の数と言うのは、自衛隊が決めることでしょ。政府が決めることでしょ。プロの話なんですから。
だから「中間報告」も、「最終報告」も、武器の保持の問題は、政府の責任において決定しなさい、と言う文書にしたんですよ。それで一応了解をもらいました。
 ところが成田に着いたら山崎拓さんが待っていまして、岩垂さんを別室に連れて行きました。その後、岩垂さんが出てきて、僕に深々と頭をさげられまして、「田村さん、すまなかった。山崎拓さんが出てきて、ここで機関銃の数を決めないと収まらない、山崎さんが3丁と言ったから、僕が1丁といって、2丁になった。」
 それが政治なんですよ。
 
 防衛庁は真面目だから、3丁持っていきたいから3丁で根回しして、結局3丁にならないわけです。 
 担当課長が3丁で根回ししたというから僕怒ったんです。先に僕のところに来ればもう少し知恵出したのに。
 結局2丁になりました。
 
 その辺をきちんと整理しておかないと。でないと間違った数字がひとり歩きする。
 きちんと正しいことを書かなければなりません。
 そういうこともあって、『防衛省誕生』(内外出版)という本を早く出した方がいいということで出したんですよ。そうしないと3年か4年したら、全然関係のない大学の先生が、『防衛省誕生』という本を出して、中身はバイアスかけていろんなこと書かれては困るんです。
 これからいろんな仕事をしていくわけですから、正しく後世に伝えるということを皆さん時々考えていく必要があります。
 村山政権の時には阪神大震災がありましたし、地下鉄サリン事件もあったわけです。それらも含めて、『政治と危機管理』(内外出版)という本を書いておきました。有事法制の経緯とか、震災における責任が誰にあったのか、ということを僕でなければ後世に残せないと思いまして、書いておいたわけです。

 それからお蔭様でアメリカに1995年から毎年行くようになりました。11回になります。豊田秘書課長とも一緒に行ったんですよ。情報衛星の関わりで行きました。そういう意味で色々勉強させていただきました。アメリカの考え方も連続して知ることができました。


2007年08月29日

安倍内閣の支持率

今朝の新聞各紙が第2次安倍内閣の世論調査 (27−28日調査)結果を掲載しました。

○内閣支持率

 朝日33%、毎日33%、読売44.2%、日経41%、産経40.5%、東京40.5%(産経と東京は共同通信のデータ)
 
○不支持率
 朝日53%、毎日52%、読売36.1%、日経40%、産経45.5%、東京45.5%


 以上を見ると、第2次安倍内閣の支持が、朝日と毎日が33%で低く、読売と日経が40%以上となっている。
 この数字を見ると、安倍内閣に比較的批判的な論調の多い新聞社の支持の数字が低く、不支持の数字が大きいようだ。
 今回の世論調査の数字は新聞社で大きく違っています。
 一紙だけ新聞を見ている人は、一つの事実だけを信用することになります。
 
 新聞は、それぞれ違いがあるということを知る必要があります。

shige_tamura at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!安倍晋三 

講演「政治と安保政策」(その5)

国防部会写真は今日の11時からの国防三部会で挨拶する高村正彦新防衛大臣。


講演「政治と安保政策」(その5)

3.自民党の野党時代(93年8月〜94年6月)

 それから自民党は野党になり、細川政権となりました。そのとき、橋本竜太郎さんが政調会長で、僕はその室長になった。11ヶ月仕えました。秘書官みたいなものです。自民党の政調会長室といっても脆弱なものです。当時は室長の僕1人と、女性2人、計3人でした。
 だから、僕は誰よりも朝早く職場に来て、新聞を全部チェックして、必要があればコピーして、『会長こんなのが載っています』とお見せしました。橋本龍太郎さんというのは僕を役所のレクとかに全部同席させてくれまして、全てを2人で考え方を確認するという、政治家でした。非常に勉強になりました。でも大変でした。
 たとえばインタビューとかあると全部一緒に同席しました。橋本さんは夜になると会合に出かけます。その後、僕は1人残ってずーっとデスクワークですよ、夜ずーっと。インタビュー記事なんかを僕が全部チェックしまして、本人は途中から僕に全幅の信頼をおいてくれるようになりました。「君が見てくれればいいよ」ということで。
 だから夜9時頃帰ろうとすると門のところで「今日は早いですね」と言われました。
 死にもの狂いでやりましたよ。
 
 橋本さんからも「何で君はそんなに一生懸命やるんだ?」と聞かれましたから、「橋本さんがこけたら、自民党がこけるから、一生懸命やるんだ」と言いました。
楽しかったですね。橋本龍太郎はそういう人でした。
 一回だけ、怒られたことがありました。打合せする時間がなかったから、お昼の12時に説明に行ったら、「ちょっと待ってくれ。ニュースだけは見せてくれよ。」と。
 時間がないから、こっちは説明しなければならないし。でも、ニュースで今何が起きているかチェックしなければならないし。そこで1回だけ怒られました。

 橋本龍太郎さんをPRする意味で『ビジョン・オブ・ジャパン』(kkべストセラーズ)という本を出しました。僕がアイデア出して、その本が10万部のベストセラーになりました。そしたら橋本さんは、印税だけで2000万円以上入りまして、「地元の事務所を修理できてありがとう」と言われました。『政権奪回論』(講談社)と言う本も出しました。その結果、政権を奪回しました。
 
 安全保障政策では、ちょうど北朝鮮核開発危機がありました。細川政権のときはそこが迷走していました。クリントン米大統領と細川首相の首脳会談が2月に行われて、「ノー」と言ったとかいう議論がありました。実は極秘にこの議題が話されたことが後で分かりました。

 当時この問題が大きくなったとき、極秘で当時外務省の次官の斉藤さんが党に来まして、極秘検討を行いました。政調会長代理の津島雄二さん、町村信孝さん、額賀道嶇困気鵝∧殕耕輔さん、ぼくとで極秘検討を行いました。

 本当に北朝鮮と米国は戦争一歩手前まで行きました。その辺のところはオーバードーファーさんの『二つのコリア』という本がありますが、本当に戦争直前でした。それだけ実は緊迫していたということです。


ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント