2007年01月

2007年01月31日

竹中平蔵前総務大臣が格差問題を語る

竹中平蔵前総務大臣(慶大教授)がべンジャミン・フルフォード氏と「構造改革の功罪」「バッシング報道」について激論を『アサヒ芸能』(2.8号)で行った。

その中で、格差問題を抜き出した。
『アサヒ芸能』(2007.2.8)88-89頁


フル 
 格差についてはどうお考えですか。大手新聞の世論調査では、小泉政権の5年半で生活が苦しくなった人は、よくなった人の2倍以上との結果もあった。要するに、ごく一部の人だけが金を手にして、平均してみんな貧しくなったようですけれど。

竹中 
 日本で格差が広がったかどうか、答えはよくわからないんです。05年の国勢調査の発表を待たないことには。ただ、格差が拡大した可能性はある。グローバリゼーションやIT化が進むフロンティアの時代ですから、勇ましく所得を得る人と、取り残される人が出るのは当然です。

フル
 格差は想定の内?

竹中
 むしろ問題視すべきは、日本の格差批判の異常な部分です。今の状況は「金持ちはけしからん」という社会主義的格差感ですね。でも、サッチャー元英国首相はかつてこう言いました、「金持ちを貧乏人にしたからといって貧乏人が金持ちになるわけではない」と。
お金を稼いで税金をたくさん払ってくれる人はほうっておけばいいじゃないですか。社会としてけしからんのは、本当に貧しい人を作ってしまうことです。格差論ではなく「貧困論」と言えばいいんです。それでは日本の貧困層はどの程度いるのか。答えは、よくわからない。貧困調査を実施して、そこから議論すべきです。

フル
 日本では規制緩和が格差を広げた部分もあります。例えば派遣社員を使いやすくしたために正社員が減り、貧しい人が増えた。

竹中
 正社員と非正社員があること自体おかしいのです。オランダのように全員正社員にすればいいと思うのですが、労働組合は反対する。保険や年金などのコストが膨らむからこれまで正社員だった人の給料は下がりますからね。でもそれでいいと思うんです。日本の会社の正社員はほとんどの場合、本来もらうべき給料以上のお金をもらっている、いわば既得権益者なんですよ。労働ビッグバンはむしろそういった格差を是正できるはずです。


shige_tamura at 09:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

2007年01月30日

小沢一郎代表・民主党の自虐性(その2)

 民主党・小沢一郎代表は、昨日(29日)安倍首相への代表質問を行ったが、批判のために都合の良い数字を並べて、「日本はひどい国になった」と宣伝する。
 日本は、本当に小沢代表が主張するように悪い国になったのだろうか、あまりにも自虐的ではないか。

 小沢代表は、代表質問で格差を強調するために「サラリーマンの4人に1人は年収200万円以下、4世帯のうち1世帯は預貯金が全くないという惨状であります。生活保護を受けている人たちは、昨年まで5年間で32%も急増しました」と述べている。

 よく格差を強調するデータとして「年収200万円以下の世帯が5世帯に1世帯」が使
われる。これは、厚労省の国民生活基礎調査で、平成15年で17.5%であるが、総務省の全国消費実態調査によると、平成16年で10.4%であり、データの取り方によって異なる。
 厚生省は17.5%、総務省の同様の数値は10%にとどまっている。


 次に、「4世帯のうち1世帯は預貯金が全くない」という点だ。
 日銀の「国民生活基礎調査」と金融広報中央委員会の世論調査がある。
「国民生活基礎調査」における「貯蓄がない」世帯の割合は、2004年に9.4%であり持続的な上昇傾向は認められない。
 “貯蓄率ゼロ世帯の増加”は、その年に新たに貯蓄に回すフロー(流動性)の割合の貯蓄率は高齢化社会では当然下がる。
しかし、日本の高齢者の持家比率や平均保有資産は国際的にも高く、生涯所得で見ると、日本は世界の先進国中で最も格差が小さいとの統計もある。

※「国民生活基礎調査」における貯蓄の定義
 金融機関への貯金、貯蓄型の生命保険等への払込み保険料、株式及び債権等、その他の社内預金など広義の貯蓄。
    

次に、生活保護世帯については、100万を超えている。
 生活保護については、昭和59年度から平成7年度まで保護率は減少し、以後、今日まで上昇を続けているが、近年は、景気の回復を受けて、伸びは鈍化してきている。


・・・・・・・ 昭和59年度・・・ 平成7年度・・・平成17年度
保護率     1.22%     0.7%   1.16%
被保護人員   147万人    88万人     148万人
被保護世帯   79万世帯   60万世帯      104万世帯


 被保護世帯が増えているのは、高齢者の単身者や独身世帯が増えているからである。
 生活保護の動向は景気との関連が高く、まずは景気回復を確実なものとしていくことが重要である。生活保護制度においても、平成17年度から、福祉事務所とハローワークが連携して、自立が見込める者の就労を促すなどの取り組みを進めている。

 小沢・民主党のようにマイナスデータだけ集めて、安倍政権を批判するというやり方に批判が出ている。


 1月30日の読売新聞・社説では、[代表質問]「民主党は説得力ある対案を示せ」とのタイトルで、以下のように批判している。
 

 小沢代表が最重要課題と位置づけたのは、格差の是正だ。小泉、安倍両政権で、日本が「世界で最も格差のある国」になったからだと主張している。
 政府は再チャレンジ支援としてパート労働者の待遇改善など労働関連法案を国会に提出する。民主党は、「格差是正緊急措置法案」(仮称)を提出して政府に対抗する方針だ。格差をどういう手順、手法で是正するのか、その具体策を早急に明らかにすべきである。


shige_tamura at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!小沢一郎 

小沢一郎代表・民主党の自虐性(その1)

 民主党・小沢一郎代表は、昨日(29日)安倍首相への代表質問を行ったが、批判のために都合の良い数字を並べて、「日本はひどい国になった」と宣伝する。

 日本は、本当に小沢代表が主張するように悪い国になったのだろうか、あまりにも自虐的ではないか。「小沢氏資金団体 資産10億円超」という政治家・小沢代表や大金持ちの鳩山幹事長から見れば、一般庶民は皆、低所得者であり、国民生活は悪化し、格差は拡大したといえるだろう。

 小沢代表は、代表質問で「小泉・安倍政権の6年間で、日本は世界で最も格差のある国になり」と述べた。
 「ホント?」これは具体的にどこの数字を使っているのは全く不明である。

 日本人の総合的な生活水準(「人間開発指数」)は、4ランクアップの世界第7位(昨年11位)である。
 これは、国連開発計画(UNDP)の『人間開発報告書』2006年版(11月9日、ケープタウン発表)からである。

 最近、日本国内では、格差問題など暗い側面だけが、民主党や野党、マスコミで言われ、日本は国際的にも国民生活が悪化した国に転落したような印象。しかし、国際的には、まったく違う。日本の生活水準は大幅アップしているとの評価だ。

 報告書の中の「人間開発指数」とは、国連開発計画が毎年、各国の人間開発の度合いを測る指標として『人間開発報告書』創刊時に発表されたもの。「人間開発指数」は、各国の人間開発達成度を、その基礎となる「長寿を全うできる健康な生活」(平均寿命)、「知識・教育水準」(成人識字率と就学率)、「人間らしい生活水準」(一人当たりの国民所得)の3つの分野を総合し、世界各国・地域の生活水準を比較・評価しているものである。
 
 人間開発指数によると、世界で最も住みやすい国はノルウェーで6年連続1位。これは、ノルウェーが、北海油田のおかげで石油に恵まれているからだ。
ノルウェーに次いでアイスランド・オーストラリア・アイルランド・スウェーデン・カナダ・日本・米国の順で住みやすい国・地域と評価された。
 
 日本は、アジアの中でNO1、香港(22位)・シンガポール(25位)・韓国(26位)、ちなみに、中国は81位である。
世界で最も住みにくいのはアフリカ西部のニジェール共和国で177位。
 日本は、国民生活が全体では豊かになったということに、もっと自信をもつべきである。
 民主党のように、自虐的に何でも「駄目だ」「悪くなっている」と思ったら、もっと駄目になる。
 今、日本で必要なことは、「プラス志向」。その中で、本当の弱者に光をあてることが政治である。


shige_tamura at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

竹中平蔵前総務大臣が講演

竹 中 平 蔵1竹 中 平 蔵2












昨日(29日)の夜、竹中平蔵前総務大臣(慶応義塾大学教授)が、自民党本部で、「シンクタンク2005・日本」の『日本政策アカデミー』で講演しました。

竹中先生の写真は、杉浦正健前法務大臣と僕とが食事懇談したとき、僕が写したものです。
一昨日、スイスのダボス会議から帰ってきたばっかりの竹中先生でしたが、とても元気でカッコがよかったです。黄色のネクタイとポケットチーフがとてもよかったです。

講演内容については、オフレコのため、ここでは多くは言えませんが、小泉純一郎首相との関係、政策を具体的に作成していくうえでの官僚との関係、これからの日本経済成長のカギといった点をきわめて分かり易く話していただきました。

これを聞いた受講生は、皆、大満足でした。

なお、今後、日本政策アカデミーでは、竹中先生を含めた講師の講義録を刊行する予定です。これは、書店でも購入できるような本にしようと考えています。

なお、日本政策アカデミーは好評に付き、途中からの参加者も受け付けています。問い合わせは、「シンクタンク2005・日本」まで、(電話、3595−1577)

なお、今後の講演は、津島雄二党税制調査会長、丹羽雄哉総務会長、伊吹文明文部科学大臣などが予定されています。

shige_tamura at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

2007年01月29日

中川昭一政調会長の代表質問における民主党批判

今日(29日)、中川昭一政調会長は、衆議院の代表質問で民主党の政策を批判しました。

以下、その関連部分を掲載します。


(民主党農業政策)

 ところで、民主党は、一見、耳障りの良い農業政策を主張していますが、その内容には様々な問題点があります。
 すべての農家を対象にした一兆円もの税金を投入して所得保障を導入すると言っていますが、これは単なる「ばらまき」施策で、従事者の減少・高齢化の進行など、現在のぜい弱な農業構造が改善されず、将来の世代がやる気を起こすような体質の強い農業は作れません。
 また、食料の完全自給を達成するとも主張しています。食料自給率の向上は重要な課題ですが、完全自給となると、わが国の農地の二倍以上もの農地を新たに確保しなければならないなど、全く非現実的です。さらに、農産物自由化の促進を主張しています。
 わが国農業の構造改革が待ったなしの今、政府としては、民主党のような非現実的な政策ではなく、実効性のある現実的な農政を推進し、国民の信頼と支持を得ることが必要不可欠です。そのためにも今後の農業・農村のビジョンを国民に分かり易く示し、農政の推進に当たるべきだと考えますが、総理のお考えをお尋ねします。
 

(年金制度)

(略)
 民主党の年金改革案は、混迷を深めています。これまで民主党は「基礎年金の全額税方式化」、「年金目的消費税(三%)の導入」を声高に主張してきましたが、先日発表された案では、「年金目的消費税の導入」はどこかに行ってしまいました。自らの提案の根幹にさしたる説明も全くありません。
 しかも、基礎年金を全額税方式にするには、平成二十一年度ベースで約十六兆円もの巨額の税金が新たに必要となりますが、この巨額の財源をどう手当てするのでしょうか。民主党は「消費税率は現行を維持」と繰り返すばかりです。


shige_tamura at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

小沢氏資金団体 資産10億円 超献金を不動産に 国民感覚とズレ   

産経新聞(1月28日)が、
「小沢氏資金団体 資産10億円超」
「献金を不動産に 国民感覚とズレ   解散時 どう処理」
という記事を掲載していました。

 国民が、家やマンションも持てず、持ってもローンで汲々としているのに、小沢氏が、税金のかからない政治資金で、不動産をバカバカと買って、「法律に違反してないから良いではないか」というのは問題である。
 政治家には、法律以前に大事な道徳・モラルがある。
 これで「格差問題を解消しよう」というのだから、どうなっているのでしょうか。

 道徳・モラルを考えずに、「法律違反ではないからやってもいい」という主張は、政治指導者としては問題である。

 孔子は、「為政以」と言われた。これは、政治を指導する人は、道徳的にも正しくなくてはいけないということである。
 それを、政治家が道義的におかしなことをして平気でいるから、国は乱れるのです。


以下、産経新聞の記事を掲載します。


 小沢一郎・民主党代表の資金管理団体「陸山会」が都心のマンションや高級住宅地の土地など計10億円を超す不動産を保有している問題は、政治資金をめぐる制度の「いびつ」さを改めて露呈したといえそうだ。
 
 そもそも、浄財である献金の生かし方として、不動産資産を買い集める行為は、法に触れないものの「国民感覚とかけ離れすぎだ」との声が多い。
 司法や税務の専門家らは「団体が将来解散する際、巨額の資産がどう処理されるかが問題だ」と行方を注視している。


■想定外
 「驚くしかない。そもそも政治資金規正法は、政治資金による不動産資産の形成を想定していなかったのではないか」。法務検察当局の幹部は、一連の報道の感想として話した。
 幹部が注目するのは、不動産の登記上の名義人が小沢氏本人になっている点だ。政治団体は法的に「人格なき社団」と位置づけられるため、不動産の所有者として登記することができず、団体の代表者が便宜上の名義人となる。
 
 「団体が将来、解散または他に継承される際、政治家名義の資産はどのように処分されるのだろうか。過去に解散した政治団体の資産の行方について検証してみる必要があるかもしれない」と指摘している。


■抜け道
 税務の専門家も、同じ見方だ。
 国税庁OBの税理士は「登記名義が便宜的なものであっても、税務当局は名義人を所有者とみなす。実質的な所有者である団体が解散しても、その経緯を当局が把握していなければ、そのまま個人資産化の抜け道となりかねない」と指摘する。

 この税理士は、過去に政治団体を通じて政治資金が親から2世議員へ継承されたケースについて耳にしたことがあるという。政治団体を“世襲”して代表者を移せば、団体の資産も贈与税なしに子へ引き継がれることになりかねないという。
 また、「そもそも非課税の扱いである寄付金の使い道として、不動産資産を蓄える行為がふさわしいのだろうか。政治家は引退する際、浄財で築いた資産をすべて寄付したらどうか」とも語った。


■道義的責任
 「政治資金規正法は、きれいなモノも汚いモノも袋に入れて袋の口を縛ったらおしまいにするという法律であることが改めて分かった」と話すのは、政治評論家の屋山太郎さんだ。政治資金は「入」ばかりが注目され、「出」について検証されてこなかったことを問題視する。

 政治資金の運用については、リクルート事件後の平成4年の規正法改正で、預貯金や債券などに限定され、株購入はできなくなった。屋山さんは「株だけを縛った意味が分からない」と、場当たり的な法改正を批判した。

 弁護士らで作る「政治資金オンブズマン」共同代表の上脇博之・神戸学院大教授は「陸山会に小沢氏は資金を貸し付けており、政治団体を使って不動産を購入させたようにも見えてしまう」とし、道義的な責任は免れないと指摘する。

 その上で、「政治資金規正法を改正し問題をクリアにしないと、国民の順法意識にも影響しかねない」と、今国会での論議に注目している。


□陸山会の資産問題
 政治資金収支報告書によると、小沢氏の資金管理団体「陸山会」は寄付金などで年間3億3400万円前後の収入を計上。一方で平成6年以降、東京都港区内のマンションの部屋など11件の不動産を次々と取得している。資産総額は10億円を超え、17年には、小沢氏の自宅に近い東京都世田谷区の宅地と建物を「秘書の宿舎」として計3億6500万円で取得。一部の物件は他へ賃貸されている。 

 取得目的について小沢氏の事務所は「敷金、礼金などがかかる賃借に比べ、施設を購入、所有した方が中長期的には経済的。これまでに一度も売却したことはなく、運用目的ではないことは明らか」と説明している。


□一等地に独身寮 表札・応答なし
 小沢氏の資金管理団体が秘書の「独身寮」として計3億6500万円で購入した物件は、高級感漂う一戸建て住宅が立ち並ぶ閑静な一画にある。小沢氏の自宅から約700メートルと近く、ワンルームタイプの2階建てで、各階に2戸ずつの計4戸。隣には「既婚者寮」の建物も建設中だ。

 登記簿によれば、独身寮は木造で延べ床面積は約80平方メートルのワンルーム型アパート。「○○ハイツ」のような建物名の表示はなく、郵便受けや各戸のドアにも表札は一切ない。室内に家具が置かれ、4室とも人が住んでいる様子だが、週末の午後に呼び鈴を鳴らしたところ、いずれも応答がなかった。

 近所の人は「アパートを建てるときに建設会社の人があいさつに来たが、施主はこなかった。小沢さんの関係する建物と知っている人は少ないのでは」と話す。

 隣に建設中の建物は、建築主に陸山会の秘書の名前があり、「既婚者寮」として使われる予定となっている。 


shige_tamura at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!小沢一郎 

2007年01月28日

『小泉官邸の真実』飯島前秘書官が語る!(オフレコ!別冊、アスコム)

飯島小泉純一郎首相の秘書官を務めた飯島勲氏の『小泉官邸秘録』(日本経済新聞社)よりも面白い本が出た。
これは、田原総一朗氏が飯島氏にインタビューしたもので、うまくホンネが引き出されていています。

僕も仕事の関係から、飯島氏を知っていますが、本当に小泉首相のために尽くす、「弁慶」みたいな人です。

本では、小泉純一郎首相の政治姿勢や政策の打ち出し方、マスコミ対策など、どれも興味深いものがあります。

飯島氏は
「小泉内閣が成立した当初は、正直言いまして私、それこそ3ヵ月もつだろかと思いました。
半年もやれば幸せだよ、とね。
われわれは、羽田孜内閣より1日でも長くやりたいもんだと、チームになって必死にやってきたんです。

間違いなく言えるのは、小泉純一郎という政治家はそのチームで支えられたんだということでしょう。
頭にくる官僚も含めて、みんな本当によく働いてくれた。小泉もよく働かせたということです。」と語っています。

チームというが、人に支えられているということを忘れない、この謙虚な気持ちが小泉純一郎チームの強さだったと改めて思いました。

今、「僕と仕事の関係が深い」、この本の中に出てくる内閣官房に出向したチームの一人であった現・防衛省の黒江文書課長だが、彼は、防衛庁にもどってから、裏方として活躍し、防衛庁を「防衛省」にした功労者です。
こうした人材を、うまく飯島氏が使った才能はすごいです。


政治家と秘書の関係については、
「秘書に(政治家として選挙に)出たいという心があったら、それは自分が仕えている議員の母屋(おもや)を取るのと同じですよ。
・・・・・・・・秘書の仕事を・・・ちゃんとやっていれば、選挙に出るチャンスなんて、あり得ないはずなんです」

と述べています。


これは、「ホント」生きた政治学の本だと思います。
是非、ご一読を!おすすめします。

shige_tamura at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!本の紹介 

2007年01月26日

安倍晋三首相施政方針演説の言葉

今日の安倍晋三首相は、施政方針演説の結びに、

 福沢諭吉は、士(さむらい)の気風とは、「出来難(いできがた)き事を好んで之を勤(つとむ)るの心」と述べています。困難なことをひるまずに、前向きに取り組む心、この心こそ、明治維新から近代日本をつくっていったのではないでしょうか。
 日本と自らの可能性を信じ、ともに未来を切り拓いていこうではありませんか。

と述べました。

 演説の結びの福沢諭吉の言葉は、福沢が慶応義塾の塾生向けに行った演説の言葉を引用したものです。
 行うことが困難なことにあえて挑戦し、やってのけようと努力する精神が必要だという趣旨です。
 安倍晋三首相は、明治維新の志士たちの気概を自分に重ね合わせたのでしょう。
 
 なお、小泉純一郎首相は、論語などの中国古典からの引用が多かったようです。

shige_tamura at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!安倍晋三 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント